将来の笑顔のために老後資金を貯めるリアル

Pocket

今回は老後資金についてのとあるご家族のお話です。かなりリアルな感じになったのではないかと思います。まだ30代のご夫婦ですがお子様がいらっしゃらないので、老後のことまで考えられているとのことです。

お子様がいらっしゃると、老後資金よりもお子様の教育資金のことで、大変でしょうが・・・余裕がないからと目をつぶるのではなく、幸せな老後の人生を過ごしたいのであれば、今回のご夫婦のリアルなお話はお役に立てるのではないかと思います。

この記事が少しでもお役に立てたら嬉しいです。

お子様がいないから裕福な生活が送れる訳ではありません

我が家は30代後半の夫婦2人暮らしです。子供はおりません。これからもずっと2人暮らしの予定です。我が家が老後資金を意識して、貯金を始めたのが30代半ば頃です。

子供がいないために教育資金はかかりませんが、老後は夫婦2人だけで色々やっていかなければなりません。子供がいると介護などでお世話になることもあるかも知れませんが、私たちには子供がいないので、そのあたりのことも自分たちでどうにかしていかなければなりません。

例えば、老人ホームに入るにしてもお金がかかります(それ以前に今以上の高齢化社会になっているでしょうから、入れるかも分かりません)。我が家は世帯収入も平均的な金額で都会暮らしのため、2人暮らしでも生活にはそれほど余裕がありません。というのも、私には持病があります。結婚後、数年間はずっと共働きできましたが、現在では主人の稼ぎだけでの生活です。

子供の教育資金が必要ないからと自由に使えるお金が極端に増えるわけではなく、収入のこと、介護のことなど、何かと不安も多く将来の見通しが曖昧なため、若いうちからコツコツと少しずつでも老後資金を貯めていこうと思いました。これが私たち夫婦が老後資金の貯金を始めたきっかけです。

 

実際に老後資金を貯め始めて思うこと

私たち夫婦の場合、老後資金を貯めようと決めた時に、誰にも相談はしませんでした。

その代わり、インターネットや書籍から情報収集はかなりしました。資産運用などについて詳しく紹介してあるインターネットの記事を読んだり、お金に関する本も色々と読みました。中でも雑誌の日経ウーマンや、お金のプロの方が書いた「老後に5000万円が残るお金の話」や「正しい家計管理」や「お金の増やし方」に関する記事などは、特に参考になりました。インターネットと本の両方から様々な情報を収集された方が、偏らずにきちんと有益な情報を学べるような良い気がしました。

我が家が老後資金を貯めようと決めて、実際に開始したのは次のような方法です。

  • 財形貯蓄の金額を少し(無理ない位に)増やした
  • 積立の投資信託を開始した(セゾン投信)
  • 節税対策にふるさと納税を始めた
  • 固定費を見直し節約を心がける、等です。

例えば、思い切って車も手放しました。結果的に都会暮らしのために全く問題ありませんでした。年間結構な車関連の費用がこれまでかかっていましたが、それをそのまま老後のための貯金へ回すことにしました。10年・20年になると結構な金額だと思います。

あとは外食や旅行の回数を減らしています。もっと楽しみたいのは山々ですが、固定費の見直しを行った上でさらに節約しようと思うと、このような娯楽費くらいしか節約する所が思いつかなかったので頑張っています。その代わり、たまにする外食や旅行は、満足出来るようなものを計画的に選んで楽しむようにしています。

他には常に部屋をシンプルに、物が少なくスッキリさせるよう心がけています。今では極力無駄な物を買わないように気をつけています。スッキリとした物の少ない部屋は、老後の家庭内事故を防ぐのにも良いと思っていますので習慣にしています。

まだ老後資金を意識して貯金を始めたのが数年前なので、これから夫の定年までの約20年間でどの位貯める事が出来るか分かりませんし、正直不安です。しかし年金額も期待できませんので、自分達でこれから頑張って老後資金を貯金していくしかありません。たまに節約に疲れてしまう事もありますが、将来老後資金を貯めておいて良かったと思えるよう、無理しない程度に頑張っていこうと思っています。

 

まとめ

このご夫婦が仰るように、お子様がいないので教育資金は必要ありませんが、それ以外での支出が想定されます。きちんとここまで考えられていないお子様のいないご夫婦も少なくないでしょう。このご夫婦は大変素晴らしいと思います。

今の人生を楽しむことも大切ですが、亡くなるまできちんと幸せな人生を送りたいのであれば、最低限は計画的にお金を貯めておかなければいけません。そのあたりを考えるきっかけとなれば幸いです。