スマホの画面が割れたときの保険

Pocket

私は5年以上スマホを使っています。たまに落としたりするのですが、多少画面の端が割れたり傷ついたりはありましたが、これまで大きな故障や画面割れはありませんでした。

ところが先日、ついに駅のホームで落とした際に、画面がバキバキに割れてしまいました。今のスマホに変えてからまだ1年も経っていないので仕方なく、修理することにしました。しかし、その修理金額にびっくりです。スマホは購入な機械なんだと、改めて認識した瞬間です。

スマホの修理に関して、色々と調べていく中、スマホの修理補償に特化した保険があることを知りました。今回は、そんな『スマホの画面が割れたときの保険』についてまとめていきます。

モバイル保険とは?

『スマホの画面が割れたときの保険』というのが【モバイル保険】のことになります。これは毎月700円で、(毎年)最大10万円まで保障します、という保険です。いわゆる掛け捨ての保険になります。

また昨今の時代に合わせてできた保険なので、一つの契約でスマホ1台だけでなく、wi-fiにつながるモバイル機器(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、等)を3台まで補償してくれるというものです。

【モバイル保険】は損害保険の一つなので、スマホなどのモバイル機器の修理代にかかった費用を補填してくれるだけなので、モバイル機器の修理をするたびに【モバイル保険】で儲かった、ということにはなりません。

 

モバイル保険の特徴

【モバイル保険】のサイトに載っていた情報を元に、【モバイル保険】の特徴を簡単にまとめておきます。

  • 毎月700円の保険料で、年間で10万円まで何回でも補償
    年間で10万円までの修理費用であれば、補償してもらえます。例えば、数ヶ月連続で毎月スマートフォンの画面がバキバキに割れてしまったとしても、年間10万円までの修理費用を補償してもらえます(あまりにも何回も壊しすぎて、修理費用が年間10万円を超えてくると、超過分は自己負担になります)。
  • 同一契約で3端末まで補償
    wi-fiにつながるモバイル機器(スマートフォン、タブレット、ノートパソコン、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、等)を3台まで補償してくれます。複数端末を補償対象とする場合、主端末と副端末で補償金額が異なります。主端末では修理補償額の年間での上限は10万円ですが、副端末の場合は修理補償額の年間での上限は3万円となります。
  • 端末買替時も継続補償
    端末を新しく購入して、【モバイル保険】に加入していた古い端末を使わなくなったとしても、【モバイル保険】に登録してある端末情報を変更するだけで、同様の補償を新しい端末にすぐに適用できます。
  • スピード保険金申請
    【モバイル保険】に加入していると、インターネット上の会員ページから簡単にすぐに保険金の申請を行うことができます。そのため、保険金をすぐに受け取れるようです。
  • 提携修理店では無料修理
    【モバイル保険】では提携した修理店舗があり、そこで修理を行う場合、修理代金の支払いをすることなく、修理を受けることができます。通常、スマートフォンなどを修理しようと思うと、修理したお店で先に修理代金を支払って、その後【モバイル保険】に保険金の請求をすることになりますが、そのあたりのお金のやりとりが省略できます。

 

まとめ

【モバイル保険】を初めて見つけたのが、自分のスマホの画面をバキバキに壊した直後だったので、『加入しておけばよかった!!』と思いました。

しかし、冷静に考えてみると、毎月700円なので年間で8,400円。これを仮に5年継続すると42,000円、10年継続すると84,000円です。壊れやすいモバイル機器を3台所有されている方は、【モバイル保険】に加入しても悪くないような気がしますが、スマホと自宅作業用のノートパソコン(月に数回持ち歩きます)の2台しか使用していない私には、不要な気がします。

パソコンを使い始めて15年ほど、スマートフォンを使い始めて5年ほどですが・・・修理代で支払ったのは今回のスマホのバキバキな画面の修理代のみなので、【モバイル保険】では損得で申し上げると損をする可能性が非常に高いのです。少なくとも私の生活スタイルではそんな感じです。