60代 保険の見直し相談

Pocket

20代・30代・40代・50代とまとめてきたこのシリーズもついに最後の60代の保険見直し相談です。60代にもなると完全に二極化していることでしょう。

普通に暮らしていれば悠悠自適な人生を送れるご家族もあれば、退職などできずにまだまだお仕事をして稼がなければ生活すらできないようなご家族という二極化です。今回はそんな二極化したそれぞれの60代の保険見直し相談について、まとめていきます。

60代 保険の見直し相談の必要性

私が保険屋だった頃、60代や70代でも保険の相談にきて、新規で保険をご契約いただく方がいらっしゃいました。例えば退職金の運用先として、有利な貯蓄の生命保険保険(終身保険・養老保険・個人年金保険)でお預かりすることもあれば、将来の医療費(治療費)が心配だからということで医療保険・がん保険をお申込みいただくこともありました。

少し特殊な例でいくと、相続対策として新規で生命保険に加入されたり、生前贈与のプランニングを含めてご家族の生命保険(貯蓄できる終身保険・養老保険など)をお預かりしたりしました。

そんな経験をしてきた元保険屋の私だからわかるのですが、60代でも保険の見直し相談は必要です。

相続税が2015年(平成27年)より厳しくなりました。つまり悠悠自適な生活を送っている方々の中には、相続対策をきちんとされた方が良い方がいます。個人差はありますが、70代になっても相続対策を準備されない方もいました。生命保険や生前贈与という観点で申し上げると、1日でも早く相談されたほうが良いです。

また悠悠自適ではない生活を送られている60代ですが、貯蓄などの資産状況や自分の健康・自分の収入と支出のことはとてもよくご理解されていると思います。それらをきちんとライフプラン・フィナンシャルプランに反映し、不必要な保険を解約して無駄な保険料(掛け金)を省く意味でも、1日でも早く保険の見直し相談をされたほうが良いです。

 

60代 保険の見直し相談のポイント

まず悠悠自適な生活をされている60代の保険見直しのポイントです。ポイントは大きく2つです。保険料(掛け金)の無駄を省くために、加入されている生命保険・医療保険・がん保険の内容と見直すこと。もう一つは、全員が対象という訳ではありませんが、相続問題が起きそうな方は、相続対策をすることがポイントとなります。

相続対策は、生命保険で対策すると税金面などで非常に有利な部分もありますが、生命保険とは関係のない相続対策(土地の評価を下げるなど)も存在するため、保険屋さんだけでなく、相続対策に詳しい税理士・弁護士にも相談されることをおすすめいたします。

60代・保険・見直し・相談

次に悠悠自適ではない生活をされている60代の方ですが、そのような状況だからこそ、きちんとプロの保険屋さん・FP(ファイナンシャルプランナー)に相談しましょう。そして最新の貯蓄などの資産状況・収入と支出のバランスなどを前提としたライフプラン・ファイナンシャルプランを作りましょう。

その上で、必要な保険は継続したり(新規で加入したり)、不要な保険は解約しましょう。一つ一つは大きくはない金額かも知れませんが、不要な部分は削って無駄な支出をいかに抑えることができるかが最大のポイントです。

 

まとめ

20~60代の各世代でまとめてきた保険の見直し相談の必要性・ポイントについてのシリーズはこれで最後となります。少しでも若いうちに、きちんとした相手に保険の見直し相談をすることが重要です。

生命保険研究ラボは、元保険屋だった私が、保険屋時代に学んだこと・経験したことを中心にまとています。少しでもお役に立てていたら幸いです。

※ご参考