50代 保険の見直し相談

Pocket

先日からまとめてきた年代別の保険の見直し相談の必要性・ポイントですが、残りは今回の50代向けのまとめと次回の60代向けのまとめの二つになります。

50代になるとご家庭により、計画通り順調に来ているご家庭とそうでないご家庭で大きく差が開いているかと思います。私はまだ30代ですが、かなり計画はずれてきています。ただ老後までには10年以上あるので十分取り返せます(笑)

それが50代も後半になってくると、退職する時期を延ばすなどの対応をしないと、ずれた計画を修正していくのはなかなか困難です。今回はそのあたりを、保険の見直しという切り口でまとめていきます。

50代 保険の見直し相談の必要性

50代での大きな差は2点です。それは【教育資金】と【住宅資金】です。計画通りに順調に過ごされてきた50代のご家庭では、すでにお子様が独立されていたり、もう1~2年でお子様が独立されるという状況ではないでしょうか。また計画通りに順調にこられた50代のご家庭では、終の棲家となる住宅もきちんと準備できていることでしょう(購入されていなかったとしても、相応の貯蓄があるでしょう)。

この【教育資金】と【住宅資金】はそれぞれ大きな金額が必要となります。そのため、本来は若い頃から計画的に貯めておく必要があります。ここがきちんとできているかどうかで、正直に申し上げると50代・60代それ以降の人生の充実度に雲泥の差が生まれます。

まず大前提として60歳や65歳で退職して、お金に困らない老後の人生を送ろうと思うと、50代では遅くともいわゆる老後資金を計画的に貯めなければいけません(もちろん、貯蓄だけなく資産形成でも問題ありません)。この老後の準備を始める上で、なかなか影響があるのが【教育資金】と【住宅資金】です。

【教育資金】と【住宅資金】の問題をきちんと解決できている場合は、純粋に老後に必要な保障のみ残して、生命保険・医療保険・がん保険・年金保険を整理する必要があります。【教育資金】と【住宅資金】の問題がまだの方は、老後のことも踏まえたライフプラン・フィナンシャルプランから早急にプロの専門家(FPファイナンシャルプランナーや保険屋さん)に相談する必要があります。

つまり【教育資金】と【住宅資金】の問題が解決していなくともいなくとも、大切な人生を幸せに過ごすためにも、老後のことを見据えた保険の見直し相談は必要です(独身の場合は、自分の老後のことだけ考えていただければ大丈夫です)。

 

50代 保険の見直し相談のポイント

50代の保険の見直しのポイントは【教育資金】と【住宅資金】の問題が解決しているかどうかで異なります。

【教育資金】と【住宅資金】のことが解決している場合は、純粋にご夫婦の老後の準備をどのようにするのか(いつまでに・いくらのお金を・どのように貯めるのか・どのように資産形成するのか)が相談のポイントとなります。これは保険だけでなく、幅広いお金の相談になるので、保険屋さんでもFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っている方にきちんと相談することがポイントです。

また【教育資金】と【住宅資金】のことが解決していない場合ですが、こちらはかなりハードです。老後のことも準備しつつ、【教育資金】と【住宅資金】のことも準備していかなければなりません。これまでの生活を見直して節約する必要もあるでしょう。場合によっては収入を上げる為に、これまでとは異なる努力をしなければいけないかも知れません。とても多岐にわたる視点での相談が必要です。そのため、保険屋さんやFP(ファイナンシャルプランナー)だけではなく、収入を上げるための方法をアドバイスされている起業家など、複数の方々にきちんと相談されることがポイントです。

50代・保険・見直し・相談

 

まとめ

今回は、50代で保険の見直し相談の必要性・ポイントをまとめました。このくらいの年代になると、うまくいっているご家庭はいいのですが、そうではないご家庭の場合、かなり厳しい相談内容となります。保険屋さんやFP(ファイナンシャルプランナー)だけでは相談に応じきれない可能性が高いです。

今の時代、インターネットや書籍で調べれば、様々な分野の専門家を簡単に見つけることができます。必要に応じて、そのような専門家にきちんと相談されることも、時には必要だと思います。少しでもお役に立てたら幸いです。

生命保険研究ラボは、元保険屋だった私が、保険屋時代に学んだこと・経験したことを中心にまとています。次回は60代の場合をまとめていきます。

※ご参考