20代 保険の見直し相談

Pocket

今回から、とても久々ですがシリーズで記事をまとめていこうと思います。全5回となる予定です。生命保険研究ラボを1年半ほど運営してきて、改めて自覚できたことがありますそれは、生命保険・医療保険・がん保険・個人年金保険などの加入を新規で検討されている方も多いですが、それ以上に、すでに何かしらの保険に加入されている方が悩んでいることが多いのです。

例えば・・・『今の保険をこのまま継続しようか?』『もっと良い保険があるんじゃないだろうか?』『他の保険に切り替えた方が良いんじゃないだろうか?』というようなお悩みです。

今回のシリーズでは、それぞれの年代のそのようなお悩み解決になればと思い、まとめていきます。各世代の方が、保険の見直し・相談をされる際のお役に立てたら幸いです。

20代 保険の見直し相談の必要性

20代ですと、まだまだ美味しビールをガブガブ飲んでいるような感じでしょうか。

20代で保険の見直しを検討されている方は、1歳でも若いうちに有利な条件で生命保険・医療保険・がん保険・年金保険などを手に入れておこうと考えられた、とても賢明な方々ではないでしょうか(もしかしたら、生保レディなどの魅力や保険屋さんの営業力に負けて、保険の内容を理解せずに加入されている方も一部いるかも知れません)。

そのような20代で保険の見直し相談が必要な方は大きく3パターンです。それは【結婚が決まった(ライフステージが変化した)】【転職をして収入が大きく変化した】【保険の内容を理解せずに加入している】場合です。それぞれご説明していきます。

まず【結婚が決まった(ライフステージが変化した)】場合は、当然ですが、万が一があったとしても大切なご家族を守れるように十分な保障に加入しておくべきです。また結婚相手の状況でも、必要な生命保険の内容は変わりますので、独身の頃に生命保険・医療保険・がん保険・年金保険などに加入されている場合は、(無駄な保険をやめて節約する意味でも)保険の見直し相談が必要です。

次に【転職をして収入が大きく変化した】場合ですが、これは再度きちんとライフプラン・ファイナンシャルプランを検討しなおした方が、より最適な保険に加入できることと思います。特に掛け捨ての保険(定期保険)をもったいないと感じる方は、早急に保険の見直し相談をされることをおすすめいたします。

最後に【保険の内容を理解せずに加入している】場合ですが・・・これは正直悲劇としか言いようがありません。それでも契約をした保険屋さんが、きちんとお客様のことを考えている方であれば良いのですが、保険屋さん自身の成績や収入のことしか考えていないような場合、早々に保険の見直し相談をされた方が良いです。【保険の内容を理解せずに加入している】場合は間違いなく保険の見直し相談が必要です。

 

20代 保険の見直し相談のポイント

『20代 保険の見直し相談の必要性』で述べた通り、【結婚が決まった(ライフステージが変化した)】【転職をして収入が大きく変化した】【保険の内容を理解せずに加入している】場合の大きく3つのパターンに該当される方は、保険の見直しをされることをおすすめいたします。基本的にそれ以外の方は、生命保険の加入時にきちんと(その時点での)ライフプラン・ファイナンシャルプランを考慮されていれば、保険の見直し相談の必要性はないです。

それぞれの保険の見直し相談のポイントをまとめておきます。

  • 結婚が決まった(ライフステージが変化した)場合
    まずは結婚される相手と一緒に、ライフプラン・フィナンシャルプランをきちんと相談しましょう。二人で相談して、考え方をすり合わせておくことがポイントです。その上で、万が一が起きてしまった場合、どのくらいのお金が必要で、そのお金のどこまでを保険で準備して、残りをどのように備えておくのか、このあたりの試算を含めてプロの保険屋さんに相談することがポイントとなります。
  • 転職をして収入が大きく変化した場合
    これは【転職をしたので保険を見直したいです。】の記事でも書きましたが、転職後に収入が減ってしまった場合と、収入が増えた場合などで、保険の見直し相談のポイントが異なります。特に収入が減少してしまった場合は早急にライフプラン・ファイナンシャルプランを試算し直す必要があるので、きちんと専門家であるプロの保険屋さんに相談しましょう。保険料を支払えるかどうか悩まずに、きちんと保険屋さんに現状をお伝えして相談することがポイントです。
  • 保険の内容を理解せずに加入している場合
    こちらは迅速に行動することが一番のポイントです。上述した通り、保険屋さんの成績・収入目的の契約だったとすると、全く自分に合っていない無駄な保険に加入させられている可能性が高いです。無駄な保険料(掛け金)を支払い続けることは大変もったいないので、一日も早く別の保険屋さんに相談して、きちんとした保険に修正してもらうことが(損をしないためにも)重要です。

 

まとめ

20代で保険の見直し相談の必要性・ポイントを簡単ですが、まとめてました。次回は30代の場合をまとめていきます。

生命保険研究ラボは、元保険屋だった私が、保険屋時代に学んだこと・経験したことを中心にまとています。少しでもお役に立てたら幸いです。

※ご参考