提案されたこちらの保険はどうでしょうか?

Pocket

保険屋さんだった頃、こんな相談を受けることが、ボチボチありました。特に友人や定期的にコミュニケーションをとっている方からのご相談です。それは『こんな提案を保険屋さんからされたのですが、こちらの提案内容はどうでしょうか?』というものです。

別の保健屋さんから提案されたことを、また別の保健屋さんに相談する行為は、(お客様の利益を守る意味でも)とても素晴らしいことだと私は考えています。今回は、そのあたりをまとめていきます。

提案されたこちらの保険はどうでしょうか?

多くの方は、保険屋さんから生命保険(医療保険・がん保険)の相談を受けた場合、ご家族やご友人と相談はされても、別の保険屋さんに提案されたプランを具体的に相談することはほとんどないのではないでしょうか?

(言葉を選ばなければ)これはすごく無駄なことをしています。なぜなら、ご家族やご友人はどこまでいっても保険のプロではないので、保険の相談をしても、十分な知識がないことが多く、適切なアドバイスをいただける可能性は限りなくゼロに近いからです。

新しい保険屋さんに相談すると、また別の提案のプランを提案されたり、強引な営業を受けたりするんじゃないかと思っていませんか?

とても残念ながら間違いなく、そのような保険屋さんも存在はしますが・・・そのような保険屋さん、最近は少なくなってきたように感じます。なので、街中などの保険ショップもかなり増えてきたと思いますので、もっと気軽にプロである保険屋さんに相談されることをおすすめいたします。きちんと複数のプロにセカンドオピニオンとしてアドバイスをいただいた方が、より適切な保険に加入できることでしょう。

 

加入しているこちらの保険はいかがでしょうか?

同様に、保険屋さんの頃、すでに加入されている生命保険(医療保険・がん保険)について意見を求められることもありました。いわゆる加入中の保険の見直しの相談に近いものです。これもとても素晴らしいことです。保険に加入する際に、複数のプロに相談した場合は別ですが、多くの方は、ある一人の保健屋さんに相談して、その保険屋さんの提案に納得すると契約してしまっているケースが少なくないでしょう。

例えば、冷蔵庫やエアコンなどの家電を買い替えるときに複数のお店で相見積もりをとりませんか?引越しをする際に複数の引越し屋さんから相見積もりをとりませんか?結婚式場を探すとき、複数の結婚式場を見学に行きませんか?

自分に最適な保険に加入しようと思うと、同じように複数のプロから提案を受けることが重要です。そして、一人ひとりの保険屋さんの提案にきちんと耳を傾けて、一番しっくりくるプランが最適なプランです。

加入時にあまりしっかりとプロである保険屋さん、複数名に相談できてない方は、今からでも遅くありません。是非ともセカンドオピニオンを聞くくらいの感覚で構わないので、担当者ではない別の保険屋さんに相談してみましょう。もしかしたら、もっと貯金できるようになるかも知れません。もしかしたら、もっと保険料(掛け金)が安くなるかも知れません。

保険・相談・見直し

 

まとめ

保障内容・保障金額・保険料(掛け金)くらいしか、保険で考えるべきポイントはないのです。とてもシンプルではありますが、だからこそ保険屋さんの知識やファイナンシャルプラン・ライフプランの考え方によって、かなりの差が出てきます。

毎月1円の掛け金で1億円の保障とか、毎月1円積み立てるだけで1000万円貯まる保険などは存在しませんが、(常識の範囲内で)あなたが満足できる保険は間違いなく存在します。それを提供できる保険屋さんを担当者にできるかが重要な分かれ道なのです。

このブログは元保険屋の知識・経験を元に書いています。少しでもお役に立てたら幸いです。