離婚する場合、生命保険はどうすべきでしょうか?

Pocket

私が保健屋をしていた頃、私の直接のお客様ではいませんでしたが、同僚のお客様の中には『離婚するので、生命保険を解約したいです』という連絡がたまにありました。愛する家族のために生命保険に加入していたのに、その家族がいなくなってしまい、毎月何万円と支払っている生命保険が不要であったり・もったいなく感じる気持ちもわからなくはないです。

ただ、これまで何年・年十年と続けてきた生命保険(医療保険・がん保険)を離婚したからと、解約してしまうことはとてももったいないことです。今回は『離婚した場合、生命保険はどうすべきかなのか』まとめていきます。

離婚する場合、生命保険はどうすべきでしょうか?

私は元保険屋である以前に、もったいないことが大嫌いなので、基本的には『生命保険は継続すべき』だと考えています。せっかく若い頃に有利な条件で加入した生命保険(医療保険・がん保険)を、離婚したからと手放すことは非常にもったいないです。

仮に加入している保険を解約して、再婚された際に新しく加入するとした場合、年齢が高くなっているので保険料(掛け金)は高額になりますし、貯蓄性の保険の運用利回りも低くなります。さらに健康状態が悪化していたとすると、特別条件となり、保険料(掛け金)が通常の2倍になったりする可能性すらあります。

なので離婚するのであれば、家族ではなくなるので保険金の受取人くらいは変更すべきだと思いますが、それ以外は継続されることをおすすめ致します(慰謝料・子供の養育費などを含めても、必要な保障金額が小さくなるのであれば、保険の継続が前提ではありますが、保障金額を減額されることは素晴らしい選択であることが付け加えておきます)。

 

収入(可処分所得)が変わらない場合

・・・とはいえ、上述した意見は、生命保険(医療保険・がん保険)の保険料(掛け金)を継続して支払い続けられる場合です。今の日本の社会を鑑みると、女性であれば離婚したことで収入(可処分所得)が減ってしまうことが多いでしょう。男性でも、離婚したことで自分の生活費に加え、慰謝料・子供の養育費の支払いがバカにならない可能性もおおいにあります。

なので、離婚前後で収入(可処分所得)がさほど大きく変化していなく、生命保険(医療保険・がん保険)の保険料(掛け金)を特に負担感なく支払い続けられる方は、上述したように(必要な保障金額の見直しを行い)基本はそのまま生命保険(医療保険・がん保険)を継続すべきだと考えています。

※ここでは【可処分所得】を『生活に自由に使えるお金』というニュアンスで使っています

離婚・生命保険・相談・見直し・解約

収入(可処分所得)が著しく少なくなる場合

では様々な理由で収入(可処分所得)が少なくなってしまう場合はどうでしょうか?

保険屋さんによっては『保険を継続することが最優先で、生活を切り詰めてください』ということを主張される方がいるようですが、私は違うと思います。もちろん、万が一が起きてしまった際に最低限困らないレベル(このレベル感は個々人により、相当差があるでしょう)の備えは大切ですが、今の瞬間の人生を楽しむことも重要だと思います。

つまり、私はバランスが重要だと考えます。将来(万が一が起きても大丈夫くらい)の備え(生命保険・医療保険・がん保険・貯蓄など)をした上で、人生は全力で楽しむべきです。

なので、収入(可処分所得)が著しく少なくなってしまう場合は、その収入で改めてファイナンシャルプラン・ライフプランを作成し、そこに見合った保障金額・保険料(掛け金)へと現在の契約内容を減額するなどで対応しましょう。そして無理のない範囲で保険を継続してくことをおすすめいたします。

 

まとめ

保険金受取人の変更と必要保障額の見直しをした上で、基本的には生命保険(医療保険・がん保険)は最低限継続されることをおすすめいたします。もちろん、元配偶者の人間関係の付き合いで余分に加入したいる保険は早々に解約すべきことを、最後にお伝えしておきます。人間関係だけで余分に加入している保険ほど、もったいない無駄なものはありません。

保険屋の頃に学んだこと・経験したことを中心にまとめています。保険で損をしないために、保険を勉強する一助となれば幸いです。