保険の相談・見直しを検討中の方へ

Pocket

先日、保険屋の友人と話していて、改めて気づいたことがあります。ある意味、当たり前のことなのですが、この点を自覚しているのといないのとでは、自分が理想とする保険に加入できるかどうかに雲泥の差が出ると思ったので、ここでまとめておこうと思います。

それは、保険屋さんと相談(商談)している一般の方と、相談(商談)相手である保険屋さんが相談(商談)の時点で、考えていることが全く異なるということです。

一般の方が保険屋さんに見直し・相談するときに考えていること

一般の方が保健屋さんとお話されるとき、多くの場合は、知人・友人からの紹介で保険屋さんから連絡がありアポイントを渋々承諾されてお話したり、ごく一部は自発的に保険ショップに自ら出向いてお話をされているかと思います。(最近は街中の保険ショップが増えてきたのでこちらが増えているかも知れません)。

どちらの場合でも、多くの方々、『どんな保険に加入しようか?』と新規での生命保険(医療保険・がん保険)への加入を考えている訳ではないということです。多くの方は、『少しでも保険料(掛け金)を安く抑えたい』とか『少しでも多くお金がたまる保険はないか?』『少しでも安くて有利な保険がないか?』とか、『話は聞くけど、新規で加入するつもりはない』ということを考えているのではないでしょうか。

つまり、この考えた方の根底にあるのは、現状加入したり(提案されて検討している)保険でそこそこ満足しているけど、もっと有利な生命保険(医療保険・がん保険)がもし存在するなら切り替えても良いという程度のことは考えていても、基本的には新規で生命保険(医療保険・がん保険)に加入することを前提には考えていないのです(もちろん、新社会人・新婚さんなど、新規で生命保険への加入を検討されている方も一定数は存在します)。

実は、ここが保健屋さんと相談者との間で、非常に大きな溝がある部分です。

 

保険屋さんが見直し・相談時に考えていること

新規で生命保険(医療保険・がん保険)に加入することを前提には考えていない相談者に対して、保険屋さんはどう考えているのかご説明します。

多くの保険屋さん相談・商談にのぞむ際に、『どの保険(どのような保障)にいくらの保険料(掛け金)で加入してもらうのか』ということを考えています。保険屋さんは新規の加入を前提に考えているのです。そして、新規で生命保険(医療保険・がん保険)に加入いただくために、どのように説得すればいいのか、一生懸命商談の論理構成を考えていたりします。

これは相談者の考えていることと大きく乖離します。そして、このあたりの差があるために、『保険屋さんは強引な営業をしてくるので好きではない』というような印象を広めている一つの原因のような気がします(自分本位な保険屋さんの自業自得なんでしょうけど)。

保険屋さん・一般人・考えていること違う

ただ保険屋さんがこのような姿勢になってしまうのは、保険屋さんの多くが成果報酬の仕事であることも一因かと思われます(そのあたりの詳細は、下の方に【保険営業マンの現状と考えていること】をまとめた記事のリンクを貼っておくので興味がある方はご参照ください)。ただ私も、元保険屋さんだったので、少しだけ保険屋さんのことも擁護しておきます。

 

まとめ

保険屋さんは営業のプロ(残念ながら、そうでない方も一部存在します)なので、保険屋さんの提案はとても良いものに聞こえることが多いと思います。

しかし、お気をつけください。商談・相談時の保険屋さんは、基本的に『新規の保険契約をいかに獲得するのか』ということしか考えていません。そのことを理解した上で、商談・相談にのぞむことをおすすめします。この点を理解しておくことで、保険屋さんが提案してくる保険の営業トークも冷静に聞くことができるのではないでしょうか。

※ご参考