三大疾病保障終身保険とがん保険

Pocket

先日まとめた【三大疾病保障終身保険】の記事が、思いのほか読んでいただいていることに驚きを隠せない、元保険屋です(良い保険だと思うので、私のお客様には全員説明したんだけどなぁ・・)。【三大疾病保障終身保険】の存在や内容を意外とご存知ない方が多かったということでしょうか?

少しだけ補足すると、こちらは法人契約でも加入することが可能です。保障内容・貯蓄される割合など、は個人で契約した場合と法人で契約した場合で全く変わりません。ただ【三大疾病保障終身保険】は終身保険なので、保険料(掛け金)は、全額資産計上となります。そのため、法人で加入したとしても節税効果は一切ありません

【三大疾病終身保険】と一緒に比較検討されることが多いのが、【がん保険】です。両方加入しようか検討されている方もいますが、多くの方がどちらに加入しようかと検討されていることが多いです。今回はそのあたりをまとめていきます。

がん保険とは?

がん保険はとても簡単にご説明してしまえば、がんになった場合に保障されている保険です。例えば、『がんです』と診断されるだけで100万円単位の給付金が受け取れたり(がんと診断される度に何度でも受け取れます)、がん治療を目的とした手術や入院だけでなく、オプションにはなるようですが『がんの先進医療の保障』もつけることができます。

またホルモン剤治療、放射線治療、抗がん剤治療などでかかる費用の一部を補填できるよう、それらの治療に対する保障がついていたり、通院するだけで日額5000円などの給付金がもらえる保障がついていたりします。またがん保険以外の保険に、がんの保障がついていたとしても【上皮内がん】は非該当だったりします。がん保険では【上皮内がん】も保障されるので、より一層安心いただけるという特徴もあります。

がん保険は貯蓄機能がない、いわゆる掛け捨ての保険であることがほとんどです。一部、法人契約専用のがん保険では、有利に貯蓄できる保険があります(昔は、保険料を全額損金で計上できましたが、今のがん保険は1/2が損金、1/2が資産計上となっています)。

 

三大疾病保障終身保険とがん保険の違い

そんな【がん保険】と前回ご説明した【三大疾病保障終身保険】の違いはどのような部分なのでしょうか。

三大疾病保障保険には、がん以外でも死亡時高度障害時・心筋梗塞・脳卒中で一時金としてまとまった給付金を受け取ることができるというメリットがあります。しかし、基本的にはいずれかに該当して一度給付金を受けとってしまうと、そこで保険は終了となります。その代わり、貯蓄として支払った保険料が積み立てられていくので、万が一が起きなければ貯金として活用することができます。万が一があっても、万が一がなくとも役に立つのではもったいないということがないのです。

がん保険・三大疾病保障終身保険

それに対して、がん保険は基本的には掛け捨てタイプであることがほとんどです(たまに貯蓄できるがん保険もあるようですが、貯蓄額は60歳で10万円程度だったりします)。ですが、三大疾病終身保険では給付金を一度受け取ったら保険が終わってしまいますが、がん保険では(一定期間空いていなければいけないこともありますが)何回でも給付金を受け取ることができます。特に再発の可能性が高いがん治療においては、この点は非常に大きなメリットかと思います。

 

まとめ

三大疾病保障終身保険は、万が一があっても万が一がなくとも役に立つというもったいないがない生命保険です。がん保険は、がんの治療のためにある保険なので、がんに関する保障は非常に手厚いです。

もったいない保険はイヤな方は三大疾病保障終身保険の方が良いでしょうし、がんにとてつもない不安を感じる方はがん保険の方が良いでしょう。そのような特徴の違いかなぁと、元保険屋さんは思うのです。

保険屋だった頃に学んだこと・経験したことを中心にまとめています。少しでもお役に立てたら幸いです。

※ご参考