妻が働けなくなった場合、少しつらい金額です

Pocket

生命保険・医療保険・がん保険などの保険に加入されると、基本的に毎月・毎年と決まった保険料(掛け金)を支払い続けることになります。(生命保険・医療保険・がん保険などの)保険は、一度お金を支払ったらずっと保障してくれる訳ではありません(一部、一時払いという一括で手に入る保険も存在します)。

保険に加入しようとすると、毎月・毎年の保険料(掛け金)を継続的に支払い続けなければ、保障を継続することもできません。私が保険屋さんだった頃、前任者から引きついたお客様で、保険料(掛け金)をかなり無理して頑張って支払い続けている方もいました。そんなに無理をしてまで、高額な保険料(掛け金)を支払い続ける意味があるのでしょうか?

今回はそのあたりをまとめていきます。

妻が働けなくなった場合、少しつらい金額です

『妻が働かなくなった場合、この保険料(掛け金)は少しつらい金額です』・・・こんなことはないでしょうか?

特に独身の頃や共働きの頃に、きちんと生命保険(特に貯蓄できる保険)に加入されているご家族に多いのではないかと思います。私も結婚してから、そして我が子が生まれてからとても実感していますが・・・独身の頃は、支出を切り詰めようと思えば結構頑張れましたが、家族が増えるにしたがって、なかなか切り詰められないようになってきます。

お子様がいても、共働きであればさほど問題とはならないと思うのですが、ご家庭によってはご夫婦の保険を合わせると毎月5万円とかそれ以上の金額で加入されている方と、保険屋の頃に結構お会いしてきました。

奥様が産休・育休などで一時的にお仕事をお休みされているくらいであれば、それまでの貯蓄を切り崩すことで、一時的に対処することは可能でしょう。しかし、育休のまま奥様が専業主婦になられたらいかがでしょうか?

大切な自分や家族を守るために加入した保険なのに、保険料(掛け金)のお支払いだけで、相当な重荷になってしまうのではないでしょうか?

 

継続できない保険料(掛け金)の保険に入るべきではない

保障も貯蓄もどちらも安心できる豊かな人生を歩んでいくために、どちらもとても大切なことだと思います。保険や貯蓄はただ闇雲にするのではなく、バランスを考えることが重要です。特に【収入】【貯蓄】【支出】のバランスです。

本来は、保険屋さんがどんなにうまい営業トークをしてきたとしても、長期的に支払い続けられない可能性のある保険料(掛け金)で保険には入るべきではありません(保険屋さんは高額の保険料でご契約いただいた方が儲かるため、自分の収入しか考えていない保険屋さんはギリギリ支払えそうな金額で提案してきます)。

とはいえ、すでにそれなりの保険料(掛け金)の保険に加入していて、共働きでなくなったり、子供の成長で想定以上に支出が増えていたり、不景気で給料が減っていたり、様々な理由で保険料(掛け金)のお支払いが相当な重荷になってしまっている場合、早急に保険の見直しをすべきです。

加入している保険の保障内容や貯蓄の部分を減らせば、毎月の保険料(掛け金)を少なくすることは間違いなく可能です。しかし、多くの場合、損得で申し上げると損をすることがほとんどです。なので、損をする部分を最小化するためにも、保険の見直しの際はきちんとプロに相談することをおすすめします。また一人の保険屋さんに相談しただけでは、その方が優秀で良い保険屋さんかどうかわからないので、少なくとも別の会社で2名以上の保険屋さんに相談してください。手間だと感じるかも知れません、長い人生において数百万円という損を出さないためにも、とても重要なことです。

妻が働かない・保険料・掛け金・つらい

 

まとめ

少しでも支払えない可能性があるんじゃないかと感じる保険プランは、契約せずにもう一度きちんと考えることがおすすめです。自分や家族と相談しても、わからないことも多いのが保険だと思いますので、きちんと別々の会社の保険屋さん2名以上に、きちんと相談してください。

それが『妻が働けなくなった場合、少しつらい金額です』というよう確実に損をしたり、家計が厳しくなるような状況を回避する、唯一の手段かと思います(もちろん、保険料以外の理由は除きます)。