団体信用生命保険は不要である!?

Pocket

住宅を購入される人は、住宅ローンを組んで住宅を購入されていることが多いと思います。そして住宅ローンを組む際に、団体信用生命保険(通称、団信)も合わせて加入されているのではないでしょうか?

実は住宅ローンに合わせて、団体信用生命保険(団信)に加入しているということはとてももったいないことなのです。今回はそのあたりをご説明していきます。

住宅ローンと団体信用生命保険(団信)は別物なので、セットで必ず入らないといけない訳ではありません。住宅ローンの担当者によっては、『団体信用生命保険(団信)に加入しなければ、住宅ローンが組めません』くらいのことを言ってくるかも知れませんが、そんなことはないのです。

住宅ローンの担当者の立場

少し冷静に住宅ローンの担当者の立場になって考えてみましょう。住宅ローンを組んでも、返済ができなくなってしまっては、住宅ローンの担当者(お金を貸してくれる金融機関)が事業として成立しなくなってしまうので、大変困ってしまいます。そのような状況を回避するために、団体信用生命保険(団信)の加入をすすめているのです。

つまり、そこの住宅ローンの担当者(お金を貸してくれる金融機関)が、お金を貸しても返済されないというリスクを回避できるのであれば、団体信用生命保険(団信)に加入しなくとも良いのです。

 

団体信用生命保険の役割

ここで改めて、団体信用生命保険(団信)の役割を簡単にご説明しておきます。

団体信用生命保険とは、住宅ローンを借りた人間が死亡や(がんなどの重い)病気や事故などによる半身不随などになってしまい、これまで同様に働けなくなった場合に、住宅ローンを肩代わりしてくれるという保険です。とても簡単に説明すると『住宅ローンを借りた人に不幸があり、住宅ローンが返済できない状況なので、住宅ローンがゼロになります』ということです。

団体信用生命保険があることで、住宅ローンを借りた一家の大黒柱に万が一のことが起きたとしても、家族が住居を失って路頭に迷うということがなくなります。そんな素晴らしい保険制度です。

※団体信用生命保険については別途説明しているので、最下段のリンクからご確認いただけますと幸いです

団体信用生命保険・団信・不要

 

団体信用生命保険が不要な理由

そんな大変素晴らしい団体信用生命保険(団信)ですが、実は不要な方もいます。それは、十分な保障金額の生命保険にきちんと加入されている人です。上述した通り、死亡などの万が一が起きてしまった場合に、機能するのが団体信用生命保険(団信)です。これは生命保険も同じです。

さらに団体信用生命保険(団信)では基本的に住宅ローンの残額分しか保障されません(住宅ローンの残額が1000万円なら1000万円を補填、住宅ローンの残額が5000万円なら5000万円を補填という感じです)。それに対して、生命保険であれば、契約時に決めた金額が保障されます。保障額を住宅ローン以上の金額にしておけば、その余剰金額が大切な家族の生活費に補填できます。

そして、住宅ローンを組んでいる人の年齢・健康状態によりますが、家族を守るための生命保険と団体信用生命保険(団信)を別々に加入しているよりも、団体信用生命保険(団信)と生命保険を合わせて、適切な保障額の生命保険に加入した方が、保険料(掛け金)が安くなります(私が働いていた会社では20~30代では、確実に生命保険一本にまとめた方が安かったです)。

そのため、住宅ローンを組んでも団体信用生命保険(団信)は不要なのです。生命保険とまとめて加入した方が保険料(掛け金)がお得なのです。

 

まとめ

団体信用生命保険(団信)と生命保険を別々にせずに、まとめて考えて、生命保険に加入することで無駄が省けてお得になることは間違いありません。ただここで重要になってくるのは、生命保険の保障の金額を、家族の生活費などに加えて、住宅ローンの金額もきちんと考慮して加入しておくということです(ファイナンシャルプランの考え方になってきますので、詳細は下段のリンク先をご参照ください)。

実際に万が一が起きて際、生命保険だけでは保障額が足りませんでしたでは洒落になりません。きちんと自分や自分の家族に必要な保障額を考えた上で、適切な保障額の生命保険に加入されることをおすすめいたします。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


※ご参考 ⇒ 団体信用生命保険とは?

※ファイナンシャルプランとライフプランについて