為替が変動しているときこそ、生命保険で貯蓄・貯金

Pocket

先日の英国(イギリス)のEU脱退に関する国民投票の結果を受けて、ドル円の為替や株価の動きが活発になってきたように思います。デイトレードなどの投資をされていると、最近のように値動きが活発な方が稼ぐチャンスがあるということなので、稼いでいる人は一気に稼がれたりしているのではないでしょうか。

そんな爆発的に稼ぐことはできませんが、実は生命保険の貯蓄できる商品も、今回のように為替や株価の値動きを利用することで、より有利に貯蓄することが可能だったりします。今回は生命保険でいかに有利に貯蓄するのか、ノウハウをまとめていきます。

為替が変化しているときにすべき生命保険での貯蓄・貯金

生命保険で貯蓄・貯金を有利に行うためには、将来の受け取れる金額は基本的に契約時に決まっているので、いかに安く積み立てていくかが重要となります。生命保険の貯蓄で安く積み立てることを実践するには、以前、こちらの記事でも書いた方法が基本となります。これは円建ての生命保険でも外貨建ての生命保険でもどちらでも実践することが可能です。

※ご参考 ⇒ お得に保険に加入する簡単な方法

 

また昨今のように為替が大きく動いているときには、外貨建ての生命保険で貯蓄・貯金することも非常におすすめです。生命保険で取扱いのある外貨の種類は【アメリカドル】【オーストラリアドル】【ユーロ】あたりがメジャーなところかと思います。その中でも【アメリカドル】【オーストラリアドル】は運用利回りや安心感ともに個人的におすすめです

外貨建ての生命保険で貯蓄・貯金を最大限活用するには、円高と円安のタイミングを活用できるかどうかにかかってきます。円高・円安のそれぞれの場合で、どのように対応すれば良いのか、おすすめの対応を順番にまとめていきます。

 

円高の場合におすすめ生命保険での貯蓄・貯金

まず円高の場合です。最初に円高の説明を簡単にします。円高とは【円の価値が高くなること】です。例えばドル円の相場で言うと『1ドル=120円』から『1ドル=100円』に変動したら、円高になったということです。

為替が変動し円高になり自分が有利だと思うタイミングで、まとめて積み立てることで、日本円ベースで考えると非常に少ない金額の積み立てを行うことができます。すでに外貨建ての生命保険で積み立てを開始されている人は毎月コツコツ積み立てていくだけでなく、為替の変動を考慮して、有利だと思ったタイミングで一気に積み立てることをおすすめします。

『もう少し待ったら、もっと有利になるかも知れない』そんなことを考えて、タイミングを逃してしまうことは非常にもったいないので、有利だと思ったタイミングで少しずつでもまとめて積み立てていくことが、ちょっとしたコツです。

為替・変動・円高・円安

 

円安の場合におすすめ生命保険での貯蓄・貯金

次に円安の場合です。まず円安の説明を簡単にします。円安とは【円の価値が安くなること】です。例えばドル円の相場で言うと『1ドル=90円』から『1ドル=110円』に変動したら、円安になったということです。

円安の場合は、毎月コツコツと積み立てていくことがおすすめです。すでにそれなりの期間、外貨建ての生命保険で貯蓄・貯金をされている人は、その時点で『いくらくらい貯まっているのか』を確認してみましょう。いかに貯蓄機能が優れた生命保険でも、多くの場合、途中で解約しようとすると損をしてしまうことが多いのですが・・・実は外貨建ての生命保険の貯蓄・貯金だけは少し異なります。

日本円ベースで考えると、円安の進み具合によっては途中で解約してもお金が増えて戻ってくることがあるのです!

最後まで積立を行って、いざ受け取る時期になったときに円高になっていると最悪です。なので為替変動の状況によっては有利なタイミングで解約して、先に受け取ってしまうことも、生命保険の貯蓄・貯金を有利に活用するちょっとしたコツになります。

 

まとめ

為替変動が大きくなると、特に何も勉強せずに怖いという人がいます。それはとてももったいないことです。今回の記事でまとめた程度の最低限の知識と外貨建ての生命保険をうまく活用することで、簡単に100万円・200万円くらいは儲けることも可能です。

きちんとした保険屋さんに相談して、少しでも有利に生命保険を活用される人が増えたらいいなぁと思っています。このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。何か一つでも参考になっていたら幸いです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!