EU脱退か?英国国民投票と保険業界への影響

Pocket

ここ数日のニュースで取り上げられている英国(イギリス)の国民投票のことをまとめていきたいと思います。ニュースなどのメディアでは、『なぜ、英国(イギリス)がEU脱退をしたいのか』『英国(イギリス)がEU脱退をすると、世界経済にどのような影響があるのか』『英国(イギリス)がEU脱退をした場合、日本経済にどのような影響があるのか』などを中心に取り上げているように思います。

生命保険研究ラボでは、生命保険(医療保険・がん保険)に関係することを基本的に取り上げています。なので、今回の英国(イギリス)のEU脱退の件も、実現した場合、保険業界にどのような影響があるのか、という切り口でまとめていきます。

EU脱退?!英国国民投票の概要

2016年6月23日に行われ、翌日6月24日に結果が出た英国(イギリス)の国民投票ですが、結果は接戦でありながらも英国(イギリス)がEUを脱退するということに決まりました。ただすぐにEU脱退という訳ではなく、ここから2年ほどかけて脱退の調整をしていくようです。

今回、英国(イギリス)が脱退を目指しているEU(欧州連合)とはどのようなものなのか、最初に簡単に説明します。

現在のEU(欧州連合)は経済的な統合にばかり目が活きがちですが、実は目指しているのは政治統合です。これは世界大戦がヨーロッパから始まったことに端を発します。戦争をなくすために、別々の国家ではなく、一つの大きな集まりになろうとしているのです。つまり現状のEU(欧州連合)はまだ発展途上なのです(経済統合は進んでいますが、まだ政治統合まではできていません)。

EU(欧州連合)内では人が自由に行き来できたり、関税なく貿易ができたり、経済上で様々なメリットがあります。しかし、それ以上に英国(イギリス)がデメリットだと感じていたのが、【難民・移民】の問題です。英国(イギリス)は非常に社会保障が手厚い国です。そのため、特に難民が増えると、彼らに対する支出が増えます。この財源は国民の税金に他なりません。

結果、自分たちが負担している税金が【難民・移民】のために使われ、本来使うべきところにお金を使えていない点、また【難民・移民】も英国(イギリス)で仕事をするので、彼らに仕事がとられてしまう危機感、そしてEU(欧州連合)に加盟している以上、難民の受け入れを拒否するということはできません。そのため、今回のEU脱退という結論にいたったのでしょう。

 

英国がEUを脱退した場合の保険業界への影響

ここ数日の株価や為替変動を見ていてもわかる通り、英国がEU(欧州連合)を脱退することで、金融市場は荒れます。専門家によってはリーマンショック同様の影響が世界経済にあるとも言われています(個人的には実際の脱退までに2年間という時間もあり、突発的に起きる事件ではないので、本件を原因としてリーマンショック同様の影響はないのではないかと思っています)。

EU・英国・イギリス・国民投票・外貨・保険

ただ間違いなく投資市場は荒れます。以前ブログにも書きましたが、保険会社も金融機関です。金融機関なので保険会社も各社資産の運用を行っています。幸いにも先のリーマンショックでは破綻した保険会社はそこまで多くはありませんでした(大和生命など破綻しています)。しかし、業績が悪化した保険会社はとても多かったです。

仮に・・・その悪化した業績分を、過去の資産を取り崩すことで乗り越えてきたとすると・・・英国のEU脱退から世界経済が悪化し、保険会社の業益が低迷したときに、取り崩せる資産がどれだけ残っているのでしょうか?

十分な資産がない会社は破綻するかも知れません。資産運用がうまくできなく、貯蓄性の生命保険商品の貯蓄率がむちゃくちゃ悪くなるかも知れません。そのくらいの可能性は十分あることではないでしょうか。

 

まとめ

トヨタ自動車さんが英国(イギリス)の国民投票前に、従業員宛てに『EUに残留する方が良い』というようなメッセージを送ったそうです。これはEU(欧州連合)加盟国相手にビジネスをする場合、EU加盟国内に工場などの拠点持っていると、EU加盟国のどこへ販売したとしても関税を気にしなくて良いのです。英国(イギリス)がEU脱退となると、英国内に拠点をもっている企業は関税なしの恩恵を得ることができません。つまり、他の国へ欧州の拠点を移すことになるでしょう。そんな影響があるのが、実は今回の【EU(欧州連合)脱退】という決断なのです。

余談ですが・・・優秀な保険屋さんであれば自然と、今回のような政治・経済の話題もきちんと勉強しています。そして結果、大切なお客様にどのような影響があるのかまで、きちんと考えて(必要であれば)具体的な対策も提案してきてくれるでしょう。

本当に信頼できる保険屋さんかどうか、突然連絡して『英国(イギリス)のEU脱退は、自分たちの生活にどのような影響があると思うか』聞いてみるのもありだと思います・・・もちろん、答えられない不勉強な保険屋さんも存在します(笑)

何か参考になってましたら幸いです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!