保険屋として後悔していること

Pocket

今回は少し昔話をしたいと思います。私は約10年ほど外資系の生命保険会社で保険屋をしてきました。その中で、大きく2回後悔していることがあります。

この後悔は、自分の未熟さゆえにお客様にご迷惑をおかけしたことによります。同じような経験をして欲しくないので、後悔したことを【保険屋になったばかりの人】や【保険屋に転職しようとしている人】に向けて、書いておこうと思います。

 

最初の後悔は、保険屋となり最初の基礎研修が終わり、実際に営業をし始めた頃になります。保険屋としてスタートしたまさにその直後に起こりました。

 

最初の後悔~特に保険屋に転職しようとしている人へ

まさに保険屋に転職しようとしている人たちに、最初に伝えたいことは・・・私は、保険屋に転職したことは全く後悔していません。一般的に保険屋さんの印象は悪いことが多いでしょうが、実際のお仕事の内容(私の解釈)でいえば『万が一が起きてしまった際、経済的に支えること』なので、保険屋さんのお仕事や存在自体、とても素晴らしいものだと思っています。

すごく簡単に言えば、人生で一番困っている人たちを助ける仕事です。そのようなお仕事なので、世間の評判はおいておいて、私はとても誇らしい仕事であり、とても責任重大な仕事だと思っています(これは保険屋を辞めて今でも変わりません)。

そんなに素晴らしいお仕事だと認識しておきながら、最初の私は非常にあまちゃんでした(今でも甘いところはありますが・・)。初期の会社の研修は比較的すぐ理解できたので、営業活動をしていくには十分な知識を身に付けたと勘違いしてしまったのです。これが最初の後悔です。もっときちんと勉強しておけば良かったと。

色々な方々と営業を通じてお話していくと、本当に様々なことを質問されます。しかし、知識が不十分であった当時の私は、きちんとそこに対して回答できなかったり、ある意味自分の思い込みのまま商談を進めてしまったものもありました。自分の間違いに気づき、訂正できたものもありますが・・・正直、当時の私は保険屋として非常に未熟だったので、(私が気づいていないとことで)ご迷惑をかけてしまったお客様もいらっしゃると思います。

保険屋には、自社の商品知識だけでなく、国の社会保険制度、ファイナンシャルプラン・ライフプランの考え方、そして不動産や保険以外の金融商品の知識、税金、法人の知識など、保険屋になる前には想像しないような幅広い知識が必要になります。

またこれらの制度や商品は、変化していきます。なので、特に保険屋になったばかりの方には、勉強し過ぎているということはありませんので、時間のある限り様々な知識を吸収して、お客様のお役に立てるようになっていただければ幸いです。

手前味噌ですが、私のこのブログの記事を読んでいただくだけでも勉強になるかと思います。

※保険屋さん向けの記事はこちら ⇒ 保険の営業を勉強したい方へ

 

2回目の後悔~ 特に保険屋になったばかりの人へ

2回目の後悔は、保険屋になって4年ほど経ったときでした。この頃には、それなりにお客様も増えてきて、お客様からのご紹介で順調にお仕事は広がっていました。ただこれまでは個人のお客様だけ相手にしていました。

この頃、会社の経営者と出会いがあり、法人の生命保険契約について相談を受けました。当時の私は法人の生命保険契約を取り扱ったことがなかったので、もちろん一生懸命勉強してから、いざ商談の場にのぞみました。しかし、やはり付け焼刃の知識では十分満足できる商談はできず、悔いの残る商談になってしまいました(保険屋を辞めた今でも鮮明に覚えています)。

保険屋になったばかりの頃と同様にもっときちんと勉強しておけば良かったと感じた瞬間でした。

その後は意識的に法人向けの営業活動を増やしたこともあり、初期のお客様には迷惑をかけつつも、知識は増えていきました。そしてある程度の知識を体系立てて理解するようになると・・・過去の未熟の自分や、その頃の商談がとても中途半端だったことがよくわかりました。

※法人契約についての記事はこちら ⇒ 生命保険の法人契約について

 

まとめ

個人の生命保険契約と比較すると、法人の生命保険契約は、税制や会社のキャッシュフローの問題が絡んでくるので少し複雑です。しかし、きちんと知識さえあれば、個人の延長と思えるくらいにシンプルな世界です。また傾向として個人の生命保険契約よりも法人の生命保険契約の方が5~10倍くらい大きな金額での取引でした(言葉を選ばなければ、個人契約より法人契約の方が儲かります)。

金額が大きかったり、間違えると追徴課税の対象にもなりうるので、責任は重いですが、『役員に万が一が起きてしまった場合、その法人で働く従業員の家族、取引先の人々とその家族まで経済的に支えること』が法人の生命保険契約の醍醐味だと思っています。

個人を相手にするにしろ、法人を相手にするにしても、どちらも最低限の知識は身につけておかなければなりません。私のように後悔する前に、きちんと勉強されることを強く強くおすすめいたします。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!