お得に保険に加入する簡単な方法

Pocket

これまでの記事では、『保険料(掛け金)は万が一が起きる確率論を元にシミュレーションして決められているので、保険会社ごと資料請求をしても、(同じ保障内容であれば)格安の保険を見つけることが不可能です』ということを書いてきました。

しかし、すっかり忘れていたのですが・・・申し訳ありません(^_^;)

実はかなり簡単に5%から10%くらい格安で生命保険(医療保険・がん保険など)に加入することができることを思い出しました!!

今回はすでに加入されている保険でも、簡単に5~10%安く加入できる方法をまとめていきます。

 

※ご参考までに『保険料の確率論について』こちらの記事で触れています

保険料の支払い方法について

本題の核心部分をご説明する前に、保険料の支払い方法がいくつかあることがご存知でしょうか。

保険料の支払い方法には大きく4つの支払い方法が存在します。それは【月払い】【半年払い】【年払い】【前納】の4つです(保険の中でも貯蓄機能に特化した一時払いの保険商品は一括でお支払いするかたちになります)。

ほぼ読んで字のごとしなので、想像しやすいかと思いますが・・・

  • 【月払い】・・・毎月、保険料(掛け金)を支払う
  • 【半年払い】・・・半年ごと、保険料(掛け金)を支払う
  • 【年払い】・・・1年に一度だけ、保険料(掛け金)を支払う
  • 【前納】・・・半年分、10年分、20年分など、本来は未来に支払うべき保険料を先に支払う

つまり、【月払い】【半年払い】【年払い】は年間の保険料(掛け金)を一括で支払うのか、2分割で支払うのか、12分割で支払うのかの違いです。それに対して【前納】は少し異なります。ある程度のお金に余裕がある人が、将来の保険料(掛け金)を先に支払っておくというものです(私が保険屋の頃のお客様でも、何人か前納された人がいました・・・羨ましい限りですw)。

 

5%~10%安く保険に加入する方法

では今回の本題である5%~10%安く保険に加入する方法です。とてもシンプルなので、一度しか書きません。

 

【月払い】で保険料(掛け金)をお支払いされている人は【半年払い】【年払い】に変更しましょう。

【半年払い】で保険料(掛け金)をお支払いされている人は【年払い】に変更しましょう。

【年払い】で保険料(掛け金)をお支払いされている人は【前納】しましょう。

お得・保険料・安い・掛け金

つまり、保険料(掛け金)をまとめて支払う方が、割引がきくので安くなるのです。例えば私が所属していた生命保険会社では【月払い】を【年払い】に変更するだけで、年間の保険料がだいたい5%前後安くなりました。

保険料(掛け金)の支払い方法を年払いに変更した上で、さらに【前納】すると・・・【前納】する期間の長さによるのですが、さらに割引が発生します。極端な例ですが、10年分、20年分、30年分という単位で前納すると・・・10%以上安く保険に加入することができます。

 

まとめ

どうでしょうか?

たったこれだけのことで保険料(掛け金)を5~10%前後、安く抑えることが可能なのです。しかも保障内容や貯蓄内容は、変わりません。また外貨建ての保険にご加入であれば、為替が円高のときに一気にお支払いしましょう。為替の影響もあり、さらに安く保険料(掛け金)をお支払いすることが可能です。

さぁ、すぐに担当者または契約している保険会社のコールセンターに電話しましょう。そして少しでも安く同じ保険を手に入れてください♪


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!