レーシックでももらえる医療保険!?

Pocket

私が保険屋さんになった頃(およそ10年ちょっと前です)は、医療保険に加入していて、レーシックの手術を受けると保険会社から給付金を受け取ることができました。金額にしてたしか5万円/回だったと記憶しています。

しかしいつのまにか、医療保険に加入してレーシックの手術を受けても、保険会社から給付金をもらえなくなりました。保障内容が改悪されたということです。私が勤務していた保険会社もレーシックの手術では給付金を支払わないようになりました。

そのあたりのことを今回はまとめていきます。

医療保険に加入していて、レーシックを受けると給付金がもらえます

『医療保険に加入して、レーシックの手術を受けると給付金がもらえる』ということは、残念ながら過去のことになりつつあります。

でもご安心ください。10年ほど前から同じ医療保険(更新などしていない特約でも大丈夫です)に継続して加入されている人は、レーシックの手術に対する給付金を保険会社からもらえる可能性があります(会社によってはもう少し最近に加入した医療保険でも大丈夫だと思います)。

というのも、基本的に保険の契約は、契約が成立さいた際の保障内容がその先ウン十年と継続されます。つまり、昔の『レーシックの手術でも給付金をお支払します』という医療保険に加入されている人であれば、レーシックの手術に対する給付金を受け取ることが可能です。

ただし、契約内容が更新型で更新したり、転換などをしない場合です。もし更新や転換をしてしまうと、(レーシックの手術のような細かな)保障内容が新しい保障内容に変更されてしまうので、レーシックの手術に対する給付金はもられなくなります。

なので、レーシックの手術を考えていて、昔からの医療保険に加入されている人は、少なくともレーシックの手術が終わるまでは、その医療保険を大切に継続されることをおすすめいたします。

 

医療保険に加入していて、レーシックを受けても給付金がもらえない

一般の人からすると、いつのまにか保障内容が改悪されていた医療保険ですが、保険会社の経営のことを考えると(ある意味)当然のことなのです。

なぜなら、医療保険の本来の目的は、何かしら治療のためにお医者様のお世話になり、そういった不測の事態の経済的な支えとなることなのです。特にレーシックの場合、健康面での治療目的ではないですよね。なのでそのようなレーシックに、給付金をお支払していた方が実はおかしいのです。

以前の記事でも少し触れましたが、全ての保険の保険料は確率論の元、決められています。そのため今回取り上げたレーシックの手術に対する給付金は、医療保険の加入者に対して圧倒的に給付金請求者が多かったのだと思います。そのため、確率論のバランスが崩れ、保険料を値上げするという選択ではなく、医療保険の本来の目的とはずれているレーシック手術を保険対象外することを決断されたのです。

※ご参考までに、保険料の仕組みについて触れた過去の記事です

 

まとめ

今ではレーシック手術が給付金の対象となっている医療保険はとても貴重です。5年前とか10年以上前の医療保険に加入されている人は、その医療保険をとても大事にしてください。レーシックでも給付金が言支払われる可能性があります。

基本的に生命保険・医療保険・がん保険の保障内容(どのようなときに保険会社から保険金・給付金をもらえるか)は契約時に全て決まっています。しかし、更新や転換、そして新しい保険に加入し直してしまうと、保障内容は新しい保険の内容になってしまいレーシックは給付対象外となってしまいます。

レーシック手術を検討されている人はお気をつけください。保険屋さんに言われるがままの更新や転換は損をする可能性があります。セカンドオピニオンとして、友人などではなく別の保健屋さんにも相談するクセがあると損じづらくなり、おすすめです。