団体信用生命保険とは?

Pocket

すでに何かしらの保険(生命保険・医療保険・がん保険)に加入されている人は、『保険を見直してみよう』と考えたことが何回もあるんじゃないでしょうか。

『保険を見直してみよう』と考えるタイミングは様々だと思います。今回はそんな『保険の見直し』のタイミングの一つと密接な関係のある【団体信用生命保険】についてまとめていきます。

【団体信用生命保険】は、住宅を購入されたことがない方には聞きなれない言葉かも知れません。

多くの人は、住宅を購入する際に住宅ローンを検討されると思います。そのときに出てくる保険が【団体信用生命保険】なのです。

すでに住宅ローンと【団体信用生命保険】を組んでいる人だけでなく、これから住宅ローンを検討されている人、それに合わせて【団体信用生命保険(通称、団信)】を検討されている人に、少しでもお役に立てたら幸いです。

 

団体信用生命保険とは?

まず【団体信用生命保険】とはどのようなものなのか、簡単に説明します。

【団体信用生命保険】とは、ローンを組んでいる人間に万が一の事態が発生し(例えば交通事故で一生涯寝たきりになってしまうとか、ガンになってしまうなど)、通常時と同じくらいの収入を確保できない状況になってしまった際に、代わりにローンを全額返済してくれるという、非常にありがたい保険になります。

もちろん、保険なので保険料(掛け金)は発生していますし、万が一が起きてしまった場合にしか効果はありません。

天涯孤独の人なら別ですが、ご家族がいる人にとっては、【団体信用生命保険】の効果は絶大です。仮に5000万円とか1億円のローンを組んでいたとしても、ローンを組んで返済している人に万が一が起きてしまうと、それら5000万円とか1億円というローンが全て完済されたことになります。

 

団体信用生命保険を検討する際の留意点

まず一つ目は【団体信用生命保険】にも保険料(掛け金)が発生しているということです。一般的に銀行さんなどで住宅ローンを組む場合、【団体信用生命保険】の保険料(掛け金)は借入の金利に上乗せされていることがほとんどです。例えば、シンプルに住宅ローンだけだと3%のところ、【団体信用生命保険】の金利が合算されることで3.5%とか4.0%などになったりです。

つまり、【団体信用生命保険】の保険料(掛け金)は、借入残額に応じて変化します。借入残額が多ければ多いほど、【団体信用生命保険】の保険料(掛け金)は高額になります。万が一が起きてしまった場合は、非常に助かるのが【団体信用生命保険】ですが、それは結局のところ(いわゆる)【掛け捨ての保険】となんら変わりはありません。

無駄な支出を抑える意味でも、きちんと頭金を確保した上で、適切な住宅ローンを組むことをおすすめいたします。

団体信用生命保険・住宅ローン

2つ目です。私の父もそうなのですが、高齢でも住宅ローンが残っている人は、打ち入れ返済をして、少しでも早く住宅ローンを完済しようとしています。

しかし、これは必ずしも賢い選択ではありません。なぜなら、人はいつか亡くなります。つまり、死んだタイミングで住宅ローンが残っていたとしても【団体信用生命保険】にきちんと加入していたら、何も困ることはありません。なのであれば、打ち入れ返済しなくとも、亡くなるまでゆっくりと住宅ローンを返済していくことの方がお得なこともあるのです。

ただし、一昔前の高金利な状況で住宅ローンを組んでいる人は、高金利のまま死ぬまで住宅ローンを支払い続けることは非常にもったいないので、まずは金利の見直し(住宅ローンの借り換え)から検討しましょう。そして低金利の住宅ローンにすることができたのであれば、ゆっくり返済していくことも有効な選択肢になりえます。

※どちらが損得かは状況によって変化するので、各自の場合できちんと専門家に相談することをおすすめします

 

団体信用生命保険と一般的な生命保険

【団体信用生命保険】はとても便利な保険ですが、万が一の際の住宅ローンは完済できますが、それ以上にはお金をもらえる訳ではありません。当たり前ですね、住宅ローンのためにある保険なので、そこをカバーしているだけです。

なので『住宅ローンに合わせて【団体信用生命保険】に加入するから、生命保険を減らせるんじゃないか?』と考えて、保険(生命保険・医療保険・がん保険)の見直しを検討される人は、とても残念な事実ですが、保険(生命保険・医療保険・がん保険)と保障の内容が重複していないので、保険料(掛け金)を節約することは難しいです。

ただし、生命保険に加入する際に、ファイナンシャルプランとライフプランをきちんと考えており、住宅資金まで含めて生命保険に加入している場合は、保険料(掛け金)を安くできる可能性があります(*^_^*)

 

 

まとめ

以上の通り、【団体信用生命保険】に加入したからといって、生命保険を減らすことは必ずしもできません。

また逆に状況によっては・・・【団体信用生命保険】に加入せずに、住宅ローン分の金額も生命保険で準備しておくという選択もあります。そして年齢がお若い人の多いのですが、住宅ローンの金額分の保障を手に入れようとすると【団体信用生命保険】で準備するよりも一般的な生命保険で準備した方が、保険料(掛け金)が安くなることがあります。

その詳細はまた別途まとめていけたらと思います。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


※ご参考まで