妊婦でも生命保険に入れますか?

Pocket

私が保険屋さんをやっていて、新鮮だったことの一つです。私が独身で男だったからかも知れませんが(^_^;)

『妊婦でも生命保険に加入することはできますか?』という問い合わせをたまに受けます。結論から言うと、妊婦でも生命保険(医療保険・がん保険)にも加入することはできます。ただし、出産直前の妊婦でも生命保険(医療保険・がん保険)に加入できるわけではなく、一定の制限はあります。今回はそのあたりをまとめていきます。

妊婦でも生命保険に加入できます

まず最初にお伝えしたいのは・・・妊婦で生命保険に未加入の方は、早急に加入を検討されることをおすすめします。あ、すでに検討した結果、生命保険(医療保険・がん保険)に未加入の方は、この後の文章は読まなくて大丈夫です。お役に立てないと思います(^_^;)

ただ、もし妊婦さんで、保険への加入を悩んでいる方には是非ともお読みいただきたいです。

妊婦さんでも妊婦健診で特に問題のない方であれば、妊娠27週前後までは生命保険(医療保険・がん保険)に加入することができます(保険会社によって妊娠何週まで加入できるか、若干差はあるかも知れません)。実は自然分娩は対象外ですが、帝王切開やそれに伴う入院・手術については、保険会社から給付金を受け取ることができるからです。帝王切開をした場合、自然分娩に比べて費用が高額になるので、そこを保障してくれるのです。

 

妊婦だと生命保険に加入できない場合

妊婦健診で何かしら問題があったりすると、生命保険(医療保険・がん保険)に加入できなくなってしまいます。保険会社もボランティアではなくビジネスとして保障を提供している以上、支払う可能性が高い場合には新規で加入できないのです。ただ、ご安心ください。妊娠時に加入できなかった妊婦さんでも、無事に出産された後でしたら(健康状態に問題がなければ)、一般の人と同様に新規で生命保険(医療保険・がん保険)に加入することが可能です。

妊婦・生命保険

 

まとめ

妊婦さんでも妊婦健診で問題がなければ、基本的に妊娠27週前後まであれば、生命保険(医療保険・がん保険)に加入することが可能です。出産に伴う入院・手術(帝王切開など)でも、きちんと給付金が該当することから、個人的には未加入の方は特に早急に検討されることを、おすすめします。出産をして、今後、親になっていくことも鑑みると、最低限の保険には是非とも加入しておくことを強くおすすめします。保険に入り過ぎることはもったいないですが、保険に入らなさすぎることもリスクが大きすぎて、親としては正直どうかと思います。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険研究ラボが、少しでもお役に立てたら幸いです。