お金が貯まらない人と生命保険

Pocket

30代の私も同年代に含まれているのかも知れませんが・・・

保険屋として色々な方とお会いする中で、最近の若い方はお金を貯められない方が増えてきているように感じていました。実際に私のお客様にも、年収450万円ほどで実家暮らしの方で『自分で貯金できないから、貯金として貯蓄できる保険に入りたいです』という方がいました。色々と相談した結果、年間80万円ほどの保険料(掛け金)の貯蓄できる生命保険に加入いただいたことがあります。

年間80万円の保険料(掛け金)と聞いて・・・

バカじゃないのか?

もったいない

と感じますか?

今回の記事はそのような方にこそ、読んでいただきたいです。

お金が貯まる人、貯まらない人

昨今の若者はバブルの頃に比べると、会社の付き合いでも基本的に自腹で支払わなければならなかったり、そもそも平均年収が下がっていたり、その反面、インフレで物価は上昇しているので、外部環境としては一昔前と比較すると間違いなく『お金を貯めずらくなっている』ことは事実です。

しかし、そのような時代でもきちんとお金を貯めている方もいます。私が保険屋でお会いした中で自力で一番貯金されていた方だと20代後半にして1000万円貯めていた女性(独身)がいました。その反面30代後半でも50万円ほどしか貯められていない独身男性もいました。

これは女性が実はとても高収入なお仕事や副業をしているということでしょうか?

 

いえ、そんなことはなく女性は一般的な企業の総合職としてお仕事されていました。

ではお金を貯められる人とお金を貯められない人の違いは何なんでしょうか?

極端に収入が少なくない限り(年収150万円とか)、もちろん収入の多い少ないではありません。

 

お金が貯まるようになるためには

お金が貯まる人とお金が貯まらない人の違いは・・・簡単に言ってしまうと、【無駄遣い】をしているかどうかです。

上述した貯金が50万円ほどだった男性は、車が趣味で、年収400万円でBMWやポルシェなので車を買い替えながら乗っていました。もちろん、中古で購入されていたようですが、自動車保険やガソリン代なの維持費を考えると、(普通の感覚で考えると)とても年収400万円で持てる車ではありません。しかも実家から職場に通えるにも関わらず一人暮らしをされていました。

もちろん、稼いだお金をどのように使うのかは個人の自由なので、何も言えませんが、日本の年金制度や社会情勢を鑑みると、その方の将来やご結婚された後のことに(勝手ながら)とても不安に感じてしまいました。もう5年くらいお会いしていないので、もしかしたら私の不安とは裏腹にとても幸せな家庭を築いている可能性はゼロではありませんが・・・限りなくゼロに近いと思っています。

それに対して20代後半には1000万円という貯金をされていた女性は、片道60分ほどかけて実家から職場に通い、ランチにも自分でお弁当を作って持って行かれていました。海外旅行が趣味の方だったので年に2回ほどは海外旅行にも定期的に行っていました。

それでも日々の【無駄遣い】を減らすことで、確実にお金が貯まるのです。

お金・貯まらない・生命保険・貯蓄

 

生命保険を活用してお金を貯める

では日々の【無駄遣い】はどのようなものでしょうか?

これは個人によってかなり異なります。例えばタバコの数量を減らしたり、毎日の自販機やコンビニで購入するペットボトルをスーパーで購入するようにしたり、外食の回数を減らしたり・・・etc

しかしこのような細かな節約をしても、お財布の中のお金がなくなれば銀行やコンビニのATMに行けば簡単に現金を手に入れることができてしまいます。なんとも便利な世の中で良いことなのですが、気持ちの強い人でない限り、なかなかお金を貯めることができません。そんなときに役に立ってくるのが【貯蓄性の高い生命保険(養老保険・終身保険・外貨建ての保険)】です。

生命保険の特徴として、銀行口座から毎月決まった金額を家賃と同じように強制的に引き落としくれるので、半ば強制的に銀行の残高が少なくなります。そして通常の保険では、そのお金が万が一の保障のために使われてしまうでの、万が一が起きなければ何も残りませんが、【貯蓄性の高い生命保険(養老保険・終身保険・外貨建ての保険)】であれば、それが未来への貯金として貯まっていきます。また昨今の低金利・マイナス金利の時代では、銀行の利息よりも【貯蓄性の高い生命保険(養老保険・終身保険・外貨建ての保険)】で老後まで運用したほうが増えます。

なので自分で貯金できなく、強制的に安心できて有利な条件で貯金したい人に【貯蓄性の高い生命保険(養老保険・終身保険・外貨建ての保険)】はとてもおすすめなのです。

 

まとめ

収入を増やすことができなければ、何かを我慢して貯金していかなければなりません。老後や我が子の学費(高校や大学)まで残り10年もない場合は、相当必死にならないといけないです。

またもっと時間に余裕がある人であれば、我慢する量が少なくても十分な貯金が可能です。少しでも早く、ご自身の収入・貯蓄・支出のバランスを見直して、未来に向けて貯金していただければ幸いです。このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険研究ラボが、少しでもお役に立てていたら幸いです。