法人契約と個人契約

Pocket

今回も法人向けのお話になります。特にオーナー経営者の方に関するお話です。

一般的にオーナー経営者だと『お財布が二つある』と言われます。サラリーマンや公務員の方も持っている自分のお財布と、会社のお財布です。いわゆる経費としてある程度自由に使えるお財布のことです(笑)

それと同じように経営者は、生命保険(医療保険・がん保険)の契約も、【法人名義での契約】と【個人名義での契約】の二つから選択することが可能です。どちらのお財布から保険料を支払うのか選択できます。

これだけ聞くとサラリーマンや公務員は羨ましいと感じるかも知れませんが、そんなにシンプルで楽なことではありません。

今回は生命保険(医療保険・がん保険)を【法人名義で生命保険に加入すること】と【個人名義で生命保険に加入すること】のどちらが良いのか?

経営者のそんな疑問が解消できるようまとめていきます。

 

 

生命保険の法人契約と個人契約の違い

まず生命保険の法人契約と個人契約の大きな違いは2点あります。

1点目は、保険料(掛け金)の負担者が異なります。法人契約であれば保険料(掛け金)を法人が負担しますし、個人契約であれば個人が負担します。

そして2点目は、生命保険の出口(保険金・給付金・満期金・解約返戻金など)であるお金の受取人が異なります。個人契約であれば、これらのお金の受取は自分自身か家族になります。それが法人契約の場合、一部の契約形態を除いては法人が受取人になります。

あと大きな違いとしてあげるとすると・・・節税効果の部分です。生命保険を個人契約をしても生命保険料控除くらいしか節税効果はありませんが、生命保険を法人で契約した場合、その保険料(掛け金)の全額または半額が損金として計上できるため、個人契約の節税効果とは雲泥の差がそこにはあります。

法人契約と個人契約

 

生命保険の法人契約の特徴

生命保険を法人契約する際の最大の特徴は、節税効果です。保険料(掛け金)の全額または半額が損金として計上できるインパクトはなかかなです。

しかし、個人で生命保険に加入することと比べると、将来的に柔軟な対応がしにくくなります。例えば、役員が法人契約として医療保険(がん保険)に加入していたとします。保険料(掛け金)の負担者が法人なので、給付金の受取は法人になります。

つまり、万が一入院や手術で高額な治療費がかかったとしても、その対象となる給付金が法人に支払われるだけでです。そのお金を個人名義にしようと思うと、なかなかテクニカルなノウハウが必要となります。一番わかりやすいのは、退職金として受け取ることですが、会社の状況によっては簡単に実行できる選択肢ではありません。

そのため、多くの法人契約として医療保険(がん保険)を加入されている方は、万が一が起きてしまった際の給付金の処理にお困りのことが多いです。もし決算までそのまま使用しなければ、給付金にも法人税が発生しますので、お気をつけください。

個別具体的に専門家にご相談されたい場合は、こちらの税理士はいかがでしょう。ついでに税理士報酬も節約できるかも知れません。実際に私が調査も兼ねて相談してみて満足できた税理士をご紹介します☆

⇒ 実際に私が相談して満足できた税理士はこちら

 

生命保険の個人契約の特徴

上述した生命保険の法人契約と比較すると、個人で生命保険に加入する最大の特徴は、税金などわずらわしいことを一切気にしなくて良い点です(厳密に申し上げると相続・贈与などが絡んでくると複雑になります)。

万が一が起きてしまった場合も、保険会社から直接ご家族の口座にお金をお支払いただけるので、ご家族の安心感に大きな差はあるかも知れません。

またあまり知られていませんが、万が一が起きて保険会社に保険金(給付金)を請求する場合、個人契約だと非常に簡単です(年々簡略化されてる印象です)。しかし法人契約の場合、何枚か余分に書類が必要になります。

 

まとめ

経営者の場合、法人契約として持つべき保険と個人契約として持つべき保険がわかれます。

私のおすすめとしては、退職金の積立機能があり保険料(掛け金)の半額が損金で計上できる保険だけ、法人契約しておけば十分です。そして医療関係の保障(医療保険・がん保険・介護保険)は個人契約として加入いただき、ご家族を安心させてあげてください。

またメチャクチャ儲かり過ぎていて、可能な節税対策は全て実施したいような法人以外は、上述したような保険の加入方法がベストなのです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!