【秘話】私が保険屋さんになった理由

Pocket

自己紹介で書いていますが、私は外資系の保険会社で10年ほどお世話になっていました。今回は、私が保険屋という仕事を選んだ理由をまとめていきます。

今回改めてその思いをまとめようと思ったのは理由があります。それぞれの人生や生き方なので否定はしませんが、私は中途半端な保険屋が多いと思っています。私が保険屋になった思いをまとめることで、少しでもまともな保険屋が増えてくれたら嬉しいです。そのために、近しい友人にすらなかなか話していない思いをまとめていきます。

 

 

生命保険業界は、お客様不在の業界です

保険屋は成果を出した分だけ給料に反映されるため、『お金が稼げる』という点のみに魅力・やりがいを感じて入社してくる方も少なくはないのが現状です。私も成果と連動した収入の高さに魅力を感じていなかった訳ではありません。

しかし、『お客様=収入』ということばかり考えている保険屋さんと出会ったお客様は不幸でしかないです。そのような保険屋さんが提案してくる保険は、お客様のためではなく、保険屋の収入のための提案でしかありません。基本的に保険屋の収入は、お客様が支払ってくれる保険料(掛け金)が高額な方が自分の収入が増えるため、保険料(掛け金)が高額な提案ばかりしてくるでしょう。

または定期的に新規で契約をいただかなければ、収入を維持できないため、更新型の提案をしてくるかも知れません。どちらにしても、お客様のためではなく保険屋のための提案なので、しっかり吟味することをおすすめします。

保険屋・選択・理由

 

生命保険で知らずに損をしている方が多い

このような現状や以前ニュースを騒がせたような『保険金・給付金の不払いの問題』や、『保障の内容を全く理解していないのに保険料を支払い続けている』といったような状況が保険業界にはあります。大半の契約者は損をしています。

私が保険屋になることを決意した最大の理由はここにあります。私の大切な人たちや、さらにその大切な人たちが、上述したよな『現実に巻き込まれて欲しくない』『損をして欲しくない』という強い正義感から保険屋になることを決意しました。

若気の至りによる妙な正義感かも知れません(笑)

その自分の決断によって、少なくとも自分の大切な人やその方々の大切な人たちには、きちんとした保険を提供できたので、全く後悔はしていません。

 

そんな生命保険業界を変えたいんです

保険屋になったのは良いのですが、全く異なる業界からの転職だったので、知識など全くなく最初はめちゃくちゃ生命保険のことを勉強しました。保険だけでなく国の社会保険制度(健康保険制度・介護保険制度・年金制度)、相続税や法人税などの税制、また経営者も相手にしていたので会社経営や事業戦略など、かなり幅広い知識を勉強しまくっていました。

そのおかげで、きちんと商談させていただいた方々にはとても喜んでいただいたと自負しております。

ただ基本的には自分一人での活動だったので、お会いできる人数には限界があります。時にはセミナー形式で大人数を相手にしていることもありましたが、それでも限界はあります。

そのため、この『生命保険研究ラボ』を立ち上げて、酷い保険屋にだまされる方々が一人でも少なくなるよう、きちんとした考え方をお伝えしていこうと考え、実行しているところです。このサイトなどで勉強していただき、自己防衛できる方が一人でも増えることで・・・結果的に生命保険業界を健全な形に変えたいんです。

 

まとめ

そんな思いから私は保険屋となり、約10年間お客様のためになるよう、生命保険のことだけにとどまらず、お役に立てる情報を日々勉強してきました。

今後とも『生命保険研究ラボ』が、保険・お金について勉強しようとしている誰かのお役に立てたら幸いです(*^_^*)


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!