【裏話】保険営業の現状

Pocket

今回は、私が10年ほど所属していた外資系保険会社の営業現場の実情をお伝えします。

 

かなり踏み込んだ部分もお伝えできればと思うので、ここだけのお話にしておいていただけると助かります。

外資系保険会社も大きな分類でいくと『外資系金融機関』となります。外資系金融機関で働いているというと、めちゃくちゃ稼いでいるんだろうとイメージされる方が多いのではないでしょうか。

しかし、非常に残念ながら外資系保険会社にはそれは当てはまりません。もちろん、トップ数%は年収3000万円とか、年収1億円もいますが、その程度です。外資系保険屋の待遇や、保険の営業マンがどのようなことを考えているのかを、まとめていきます。

外資系保険会社と外資系金融機関

まず『外資系金融機関』と聞いて一般の方が思い浮かべる世界は、年収5000万円とか年収3000万円と稼いでいるゴールドマンサックスやメリルリンチ、JPモルガン、クレディ・スイス、ドイツ銀行などで働いている世界ではないでしょうか。

外資系生命保険会社も分類では、外資系金融機関であることに間違いのですが、平均年収や待遇などは大きく異なります。外資系金融機関でバリバリ働きつつメチャクチャ稼いでいる男性と結婚を希望されている女性の方、外資系保険会社で働いている方々の収入の格差はえげつないので、肩書きや立ち居振る舞いに騙されないようお気をつけください。彼らは営業なので稼げてなくとも立ち居振る舞いはスマートでしょう(笑)

また有名なお話ですが、基本的に外資系金融機関の方の遊び方は半端ないです。男性社員の女性との遊び方も酷いです(同じ男性の私からすると少し羨ましい・・・w)。

 

外資系保険会社の待遇と所得形態

少し話がそれましたが、外資系保険会社で営業をしている場合、その所得の多くは事業所得になります。事業所得というと聞きなれない方がほとんどだと思いますので、簡単に解説すると、個人でお店をされている方と同じようなものです。一人で会社をやっているようなものなのです。一生懸命やって成果を出しても出さなくとも毎月定額の給料がいただけるサラリーマンや公務員とは全く異なる世界に、外資系の保険屋さんはいます。

またサラリーマンの場合、営業先への交通費や出張の際のホテル代など、基本的に会社が負担してくれると思います(給与制にも関わらず会社が負担してくれないのであれば、間違いなくブラック企業なのですぐに転職しましょうw)。しかし、事業所得である外資系の保険屋の場合、それらの費用を自分で支払わなければなりません。

これだけ聞くと、なかなか厳しい世界だと思うかも知れませんが、事業所得である外資系保険屋の場合、『成果を出せば出した分だけ、自分の収入に反映』されます。つまり、平均的なサラリーマンだと月収20~50万円くらいのところ、外資系保険屋の場合はやり方によっては月収100万円とか月収500万円、1回のボーナスだけで数千万円というのも不可能ではありません。外資系保険屋の中には年収3000万円とか年収1億円を稼いでいる方もいるのです。

保険営業の現状

また少し手間はかかりますが、毎年『確定申告』が必要になります。しかし、これを行うことで支払う税金を減らすことができます。多くの場合、先に支払っていた所得税の還付があります。年収にもよりますが、毎年数十万円から数百万円の還付があります。サラリーマンのに比べ、毎年一回余分にボーナスがもらえます(笑)

 

保険の営業マンが考えていること

基本的に保険の営業マンが考えていることは3点しかありません。

  • 次の見込み客をどうやって作ろうか
  • どのようにお客様のお役に立てるのか
  • 自分の収入を増やす方法

ちょっと長くなってしまったので、保険の営業マンが考えている具体的なお話は、別途こちらにまとめておきます。

⇒ ☆【裏話】保険の営業マンが考えていること☆

 

まとめ

外資系の保険屋の場合、『完全歩合(フルコミッション)』であったり毎月の固定給は10万円で、そこに成果に応じた報酬がのっていくというのが一般的です。とても厳しい世界で可哀想だとか、自分には到底できない世界だとか、感じられる方が多い気がしますが・・・私は外資系の保険屋の世界はとても恵まれていると思います。

完全に成果主義の世界なので、報酬と成果は連動しているので、仕事ができない方が高額な報酬をもらえることはありません。また平等にどのような方にも大金を稼ぐチャンスがある世界です。なので離婚してシングルマザーとなった方が、子育てと十分な収入を両立させるために、入社されてくる方も常にいました。

シングルマザーでもメチャクチャ努力されて、年収数千万を稼いでいる方もいました。自分も親なので、子育てしながらそれだけの収入を確保されている努力を、めちゃくちゃ尊敬しています。

その反面、ほとんど成果を出せず月収10万円という方々もいる、そんな世界です(笑)


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!