生命保険料控除と年末調整

Pocket

11月になると、そろそろ年末調整の時期ですね。毎年行っていることとは言え年に1回しか行わないので、年末調整の書き方(記入方法)や申請方法を忘れてしまっている方も多いのではないでしょうか。私もサラリーマンをしていた頃(と言ってもサラリーマンは2年しかやっておらず年末調整は2回しか経験しておりません・・)は、毎年職場の先輩に年末調整の書き方(記入方法)や申請方法を教えていただいていました。結婚してからは妻の年末調整を代わりに記入しています(笑)

今回は生命保険料控除と年末調整についてまとめていきます。生命保険料控除制度の概要を簡単にご説明すると、『生命保険に加入して、保険料をお支払いされていると、その金額に応じて、税金が返還されますよー』という制度です。そして国では誰がどのような生命保険に加入されていて、いくらの生命保険料をお支払いかがわからないので、会社勤めの方や公務員は年末調整の書類で申請してくださいという制度です(個人事業主など確定申告されている方は、確定申告で申請します)。

生命保険料控除とは

生命保険料控除とは上述した通り、生命保険料としてお支払いされている金額に応じて、税金の負担が少なくなる制度です。申請方法としては、どこかにお勤めの方は毎年11~12月に行う年末調整へ必要事項を記入することで完了します。個人事業主など確定申告されている方は、確定申告の際に申請を行うことで完了します。

実は2012年1月に生命保険料控除制度が改正されたので、現在は旧制度と新制度が平行して運用されています。

 

旧制度

2011年12月31日までにご契約されて、今も継続されている生命保険の契約に適用されます。生命保険料控除の項目が2つととてもシンプルな制度です。各項目と控除額は以下の通りです。

  • 一般生命保険料控除
    【所得税】5万円 / 【住民税】3.5万円
  • 個人年金保険料控除
    【所得税】5万円 / 【住民税】3.5万円
  • 生命保険料控除の総額
    【所得税】10万円 / 【住民税】7万円

 

新制度

2012年1月1日以降にご契約された生命保険の契約に適用されています。改正されたポイントは後ほどまとめますので、制度の内容だけ先にまとめていきます。各項目と控除額は以下の通りです。

  • 一般生命保険料控除
    【所得税】4万円 / 【住民税】2.8万円
  • 介護医療保険料控除
    【所得税】4万円 / 【住民税】2.8万円
  • 個人年金保険料控除
    【所得税】4万円 / 【住民税】2.8万円
  • 生命保険料控除の総額
    【所得税】12万円 / 【住民税】7万円
    ※住民税の生命保険料控除は、それぞれ2.8万円ずつですが、最大で7万円となっています

 

改正されたポイント

改正されたポイントは以下3点です。

  • 『介護医療保険料控除』の新設
  • 『控除限度額』の変更
  • 『主契約』と『特約』を分離しての適用

それぞれご説明します。まず『介護医療保険料控除』ですが、高齢者が増えてきた流れでしょうか。生命保険各社もこぞって(生命保険商品の新しいラインナップとして)介護保険や医療保険の新商品開発に注力している印象はありますが、それらが生命保険料控除の対象になったということです。

生命保険料控除の種類が一つ増えたことで、各項目の税金の控除額の上限は小さくなりました。ただ所得税の生命保険料控除額は10万円から12万円へ(住民税の生命保険料控除額は変わらず7万円です)と増額されました。

また個人的には3つ目の『主契約』と『特約』が分離して考えられるようになったことは大きなポイントだ思っています。プルデンシャル生命・ジブラルタ生命・ソニー生命などの外資系ではなく日本生命・第一生命・明治安田生命などの日系の生命保険会社と契約されている方にはメリットが大きいと思います。各社のシェアから想像するに、日本で生命保険に加入されている方の多くは『主契約』に『特約』がいくつかついている形式でご契約されていることでしょう(ご自身が契約されている生命保険の証券や提案資料を確認していただければと思います)。今回、『主契約』と『特約』が分離されたことで、生命保険料控除が無駄なく活用できるようになったと言えます。

また2011年12月31日以前からご契約されている生命保険も、更新や途中で特約の付加を行うことで、更新された部分や中途付加された特約分が生命保険料控除の新制度が適用されるようになります。

 

まとめ

2011年12月31日から2012年1月1日にかけて改正された生命保険料控除制度は、昨今の改正にしては珍しく(相続税など、国民にとって悪い方への改正が多いので・・)国民にとって有意義な改正です。

また国税庁が行った『平成20~25年分民間給与実態調査』によると、生命保険料控除制度の改正後、平均控除額は4000~7000円ほど増加しています。しかしそれでも平均で6万円前後しか生命保険料控除を活用できていない方が多いようです。せっかく所得税で12万円、住民税で7万円まで控除の枠がありますので、加入されている生命保険の見直しをすることも、長い目でみれば人生においてかなりのプラスになるかも知れません。余分に生命保険に加入することはありませんが、せっかくの制度なので生命保険料控除制度を最大限活用することをおすすめ致します。

もし何も生命保険に加入されていない方でしたら、貯蓄性の高い生命保険に加入しておくだけで、一般生命保険料控除の上限に合わせて加入しても、銀行の利息以上の率で税金が還付されますので、おすすめ致します。

少し長くなってしまったので(生命保険についてのブログですし)年末調整の書き方(記入例)や申請方法については、インターネットで『年末調整 書き方(記入例) 申請方法』等と検索しても年末調整の書き方(記入例)や申請方法はたくさん出てきますので、そちらにお任せさせてください^^;


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!