持病があっても入れる保険の真実

Pocket

昨今、TVのCMやインターネットの広告を見ていると、『この保険なら、持病があっても加入できます』『持病があっても、この保険ならご安心ください』といったような文言に触れることが増えてきました。

しかし、生命保険業界で働いていた人間からすること、このような『持病があっても入れる保険』には基本的には加入したくありません。その理由をまとめていきます。

持病があっても入れる保険の特徴

これらの保険の最大の特徴は、過去に大病を患ったことがある方でも、『直近3ヶ月以内に医師の診断で入院・手術を進められていない』とか『直近2年(5年)以内に、入院や手術を受けていない』などの、各社の一定条件を満たせば、例えガンに罹患されたことがある方でも、加入することができる可能性があります。

※通常の生命保険・医療保険は、申込時に診査があり、過去の傷病歴や既往症について告知することが必要です

 

持病があっても入れる保険のメリット

メリットはとてもシンプルで、CMなどでアピールされている通りです。普通の生命保険・医療保険・がん保険などに加入できないような病気をした経験のある方でも、これらの保険には加入できるという点です。その為、生命保険・医療保険・がん保険に入れたくても健康上の理由で加入できなかった方々にとって、とても素晴らしい保険ということになります。

 

持病があっても入れる保険のデメリット

メリットの裏返しに近いのかも知れませんが、最大のデメリットは一般的な保険と比較した際に、『持病があっても入れる保険』等の掛け金(保険料)は割高であるということです。理由はとても明白です。保険の掛け金(保険料)は全て万が一が起きる確率論や、どのくらいの利回りで運用できるのかといった根拠を元に、保険会社が赤字にならないように決められています。

ここで少し想像してみてください。過去にガンになったことがある方と、一度もガンになったことがない方で比較した際に、どちらの方が、将来万が一ガンになる確率が高いでしょうか。普通に想像してみると、過去にガンにかかったことがある方ではないでしょうか。

その為、『持病があっても入れる保険』シリーズというのは、他の保険の掛け金(保険料)と同じ金額で提供してしまうと、保険会社が赤字になる可能性が高くなってしまいます。そして保険会社が赤字になるということは、保険会社の破綻という、一番避けるべき事態に関わってきてしまいます。それを回避する為にも、『持病があっても入れる保険』のシリーズは、どこの会社でも通常の保険よりも高額の掛け金(保険料)を設定しています。

 

まとめ

『持病があっても入れる保険』のシリーズの掛け金(保険料)は、通常の保険と比較すると割高になります。その為、生命保険・医療保険・がん保険を検討される場合、まずは通常の保険に加入できるかどうかを挑戦してみることをオススメします。

そしてもし通常の生命保険・医療保険・がん保険等に加入できなかった場合、『持病があっても入れる保険』等に申し込めば十分だでしょう。但し、保険を申し込んでも、診査期間中に万が一が発生し、最終的にその保険に加入できなかった場合、その期間の保障は受けることができませんので、その一点のみお気をつけください。

これまでの保険は、健康な間にしか加入できず、万が一が起きたのちに保険の必要性を感じても手遅れでしたが『持病があっても入れる保険』等のシリーズができたことによって、万が一を経験したあとでも保険に加入できる(可能性がある)というのは、良い時代になってきたなぁと思います。