法人でがん保険の活用

Pocket

ここ何回かで『法人』向けのお話をシリーズでまとめています。もちろん、将来の万が一の備えや節税対策としては生命保険以外の選択肢もあります。ここ『生命保険研究ラボ』では法人として『生命保険』をご活用いただく場合の特徴をまとめていきますので、生命保険以外の選択肢も含めて、『節税』などのキーワードで比較検討する参考になりますと幸いです。

今回は『法人がん保険』のメリットや活用方法をまとめていきます。

 

法人がん保険

テレビCMなどでもよく放映されているので『がん保険』を知らない方は、限りなく少ないのではないでしょうか。しかし、個人で契約できる『がん保険』と法人で契約する『法人がん保険』を比較すると大きな違いがあります。それらの違いをきちんと説明できる営業マンがいて、かつ法人がん保険の商品力もあるのはプルデンシャル生命・ジブラルタ生命・ソニー生命・大同生命あたりではないでしょうか。

個人のがん保険と法人がん保険において、保障の内容は比較しても大差ないです。がんで入院した場合、がんで手術した場合、がんで死亡された場合、がんと診断された場合などが基本的かつ各社に共通する『がん保険』の保障内容です。『法人がん保険』を法人契約した場合の一番おすすめのポイントは・・・『掛け金の半分が損金となる(半損)≒節税』『非常にお金が貯まる(貯蓄)』です。

『掛け金の半分が損金となる(半損)≒節税』という部分ですが、これは2012年4月末以降の新規契約から適用されたものです。それ以前の法人契約での法人がん保険は『掛け金の全額が損金となる(全損)≒節税』でした。残念ながら、2012年4月27日に経理処理が改正されてしまったのです。その為、以前の『掛け金の全額が損金となる(全損)』となる法人がん保険を契約されている方は、大切に継続されることをおすすめ致します。新規で法人がん保険に契約する場合と比較して、節税効効果が単純に倍違ってきます。

 

法人がん保険の特徴

『がん保険』は名前の通り、『がん』に関する保障に特化した生命保険です。その為、保障という観点で考えると『がん』に対する対策としては非常に有効ですが、それ以外の死亡時などの保障として準備しようとすると、他の保険と比較してかなり割高の保険料になってしまい、おすすめできません。

その為、おすすめの考え方としては・・・『保険を活用した節税』効果と『お金が貯まる(貯蓄)』効果を中心として、補足的に『がんの保障』がついてくるくらいで思っていただければと思います。

また前回ご説明した『長期平準定期保険』では掛け金を大きくすることと比例して保障額も大きくなる為、それらに合わせて生命保険加入時の診査も厳しくなっていきます。その点、(少なくとも私が扱っていた)『法人がん保険』はこれまでに『がん』に罹患したことがなければ加入できる点もおすすめできる重要なメリットの一つです。

 

法人がん保険の活用

経営者に万が一があった場合の保障という観点で比較すると、前回の『長期平準定期保険』の方がメリットは大きい気がします。『法人がん保険』と比較すると掛け金も少なく、大きな保障を得ることができます(ただし掛け金が小さいということは節税効果の金額もその分小さくなります)。

私のおすすめの考え方としては、優先順位としてまずは『長期平準定期保険』に加入ください。保障も貯蓄もその方が有利なことが多いです。そしてさらに支払余力があったり、診査の問題がある方、『がん』の保障がどうしても欲しい方が『法人がん保険』を活用いただくことをおすすめします。

 

まとめ

『法人がん保険』も『長期平準定期保険』同様に『掛け金の半分が損金(半損)≒節税』でありながら、とても高い貯蓄性を持っています。ただし『がん』以外の保障で申し上げれば、『長期平準定期保険』の方が有利でしょう。

その為、『会社のキャッシュフロー』や『どのくらいの利益が安定的に見込めるのか』や被保険者となる役員・従業員の健康状態をきちんと検討した上で、法人で加入される生命保険の種類・金額を比較検討いただくことをおすすめ致します。

けしてA社の『法人がん保険』とB社の『法人がん保険』の比較だけで終わらず、『法人がん保険』と『長期平準定期保険』の比較というように、自分たちの状況に合わせて様々な観点で比較検討されることを強くおすすめ致します。最善の選択をする参考になれば幸いです。

また具体的にご検討される際は、保険屋だけでなく(保険屋さんは経営のことがわかっていない方が多いので)、きちんと税理士などの専門家にもご相談されることを強くおすすめ致します。

 

現在、信頼できる税理士と出会えてなかったり、高齢な税理士で最新の事情がよくわかっていないなど、不安・不満があるようでした、こちらの記事も参考にしてみてください。優秀な税理士と出会う方法がまとめられていておすすめです(^^)

⇒ 【優秀な税理士の見つけ方】

 

次回も、法人契約としての『生命保険』には各商品どのような特徴があるのか、まとめていきます。このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが、誰かの勉強のお役に立てたら幸いです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


☆法人における生命保険の活用に関する記事はこちら☆