50代におすすめの生命保険の選び方

Pocket

ここ何回かシリーズ物として『年代別でおすすめの生命保険の選び方』をまとめています。今回は『50代におすすめの生命保険の選び方』についてです。50代にもなると、すでにお子様が独立されている方もいれば、まだまだ小さなお子様がいらっしゃる方、独身の方など、本当に様々な方がいらっしゃるかと思います。ここではすでにお子様が独立された50代と、まだお子様の面倒を見ている50代、そして独身の50代に分けて生命保険の選び方をまとめていきます。

すでにお子様が独立された50代へ

生き方やキャリアプランが多種多様にわたる昨今からすると、語弊を招くかも知れませんが・・・誤解を恐れずに申し上げると(個人的な見解として)、50代前半でお子様が独立されていることが、一番理想的なライフプランのような気がします。かなりゆとりを持って自分たちの老後の準備ができます。逆に60代になってもお子様が独立されていなく学費などが必要な方は、かなり気合をいれて老後の準備をしておかなければ、(経済的には)かなり悲惨な老後になってしまうことでしょう。

その為、50代でお子様が独立されている方は、結果的に幸運な方だと思います。これまでお子様の学費やお小遣いなどで使っていたお金が、支払う必要がなくなります。つまり極端かも知れませんが、お子様の学費やお小遣いとしていた金額を全て貯蓄することが可能になります。例えば、国公立の大学に通っていたとすると、年間で学費が55万円、一人暮らしさせていたとすると仕送りで年間100万円前後は負担されていたのではないでしょうか。合計すると年間で160万円弱となります。仮に65歳が定年で、55歳から65歳の定年まで年間160万円で貯蓄したとすると、約1600万円が貯蓄できます。この金額を多いと感じるか、少ないと感じるかは個人差があるかと思います。

ただ老後の生活のことを考えると、この約1600万円と国からの年金のみで生活しようと思うと、とても十分な金額とは思えません。最低限の生活であれば問題ないかも知れませんが、高齢になるにつれ病気や介護のリスクは非常に高まってきます。

潤沢な資産を準備することで万が一に対応するか、それが不可能な方は生命保険や医療保険としてきちんと準備されることを強くおすすめします。最近では50代におすすめの生命保険の選び方として、(貯蓄としても悪くない)介護保障が付いた貯蓄性が高い生命保険や、外貨建ての個人年金保険で、将来に向けて有利に資産形成と保障を行うこともできるようです。

50代オススメ生命保険

 

まだお子様が独立されていない50代へ

個人的な意見では、かなり気合を入れて老後の準備をしなければいけない方です。ご結婚が遅かったのか、お子様の出産が遅かったのか、お子様の社会進出が遅れているのか、理由は様々だと思います。

ここでの最大にして唯一のポイントは、いかに若い頃からきちんと備えておくことができたかです。備えておくべきことは主に2点です。老後の生活費や娯楽費としての資金と、万が一が起きてしまった場合の備えとしての生命保険・医療保険です。お子様が小さい頃からどれだけ堅実に貯蓄したり、どれだけきんと生命保険・医療保険のことを考えて準備してきたかによって、老後の生活に雲泥の差が出ます。

きちんと老後に備えてこれなかった方は、最低限の生活をしながら万が一が起きてしまったら子供に経済的を負担をかけることになってしまうでしょう。その為、おすすめの生命保険の選び方としては、掛け金(保険料)が安い高いというよりも、老後の資産形成も含めて無駄のない生命保険・医療保険を選択されることを強くおすすめ致します。

 

独身の方へ

50代で独身で生きていくことを決意されている方は、おそらく誰よりも将来のことを考えていらっしゃるのではないでしょうか。その為、改めて私がお伝えしたいことは特にありません。

きちんと貯蓄されたお金や、きちんと準備された万が一の保障(生命保険・医療保険)を大切にしながら、人生を楽しんでいただければと思います。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。今回の考え方が全てだとは思っていませんが、50代の方が生命保険を検討をするお役に立てたらとても嬉しいです。

ご参考までに⇒【退職までに準備しておくべきこと


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


☆『年代別おすすめの生命保険の選び方』はこちらをご参照ください☆