40代におすすめの生命保険の選び方

Pocket

前々回から『年代別でおすすめの生命保険の選び方』をまとめています。今回は『40代におすすめの生命保険の選び方』についてです。40代になるとご結婚されてお子様も何人かいるような方や、そうでない方と様々だと思います。ここではご夫婦とお子様で生活されており住宅購入を検討されている (またはすでに購入された)40代と、老後への準備をし始めた40代に分けて、おすすめの生命保険の選び方をまとめていきます。

お子様がいるところでは、親が40代だとまだまだお子様の学費などの支出が将来的にも必要でしょう。すでに住宅資金とは別に、お子様用に十分な教育資金を確保されていれば問題ないのですが、もしまだ確保されていない方は、前回の【30代におすすめの生命保険の選び方】でも記載させていただいた考え方も重要で無視できない部分となってきます。

住宅購入を検討中の方へ

40代で住宅の購入を検討されている方(すでに購入済みの方)は、大切なご家族の為の備えは生命保険を含めて十分すませていることでしょう。その為、ここでは住宅を購入することで新たに発生する問題となりうる点等、まとめていきます。

住宅を購入することで、それまでには発生しなかった支出が発生します。例えば、住宅ローンの返済固定資産税です。住宅ローンには団体信用生命保険を付加してあれば、万が一があったとしても住宅ローンが完済されます。ただし、夫婦それぞれの名義で住宅ローンを組んでいると、片方に万が一が起きてしまった場合、その片方の名義の住宅ローンしか完済されない為、注意が必要です。また持ち家だと定期的なメンテナンス費用も必要になってくるので、(家賃の支払いはなくなりますが)中長期的に必要になってくるメンテナンス費用や固定資産税の支払う分も含めて、生命保険を見直していただくことを強くおすすめします。

特に住宅ローンを組まれる場合は(借入限度額の問題など)安易に夫婦それぞれの名義で住宅ローンを組んだりせず、万が一が起きてしまった際の場合や生命保険の選び方も含めてご検討ください。ちょっとしたことかも知れませんが、生命保険の無駄を省ける可能性も少なからずあるポイントになります。

40代オススメ生命保険

少しテクニック的なお話になりますが・・・団体信用生命保険(昨今ではどんどん保障が充実しています)は基本的に住宅ローンの返済にしか活用することができない為、団体信用生命保険に加入せずに一般の生命保険を追加して、十分な保障を確保する方法もあります。特にお若い方であればあるほど、団体信用生命保険で住宅ローンの保障を確保するよりも、一般の生命保険(主に掛け捨ての定期保険・収入保険)で十分な保障を確保いただいた方が掛け金(保険料)が安く抑えられたりしますのでおすすめです。

また40代で住宅を購入される場合、現役でお仕事ができる年数が30代の方よりも一般的に短いことから、頭金をきちんと準備しておくことをおすすめ致します。(住宅ローンの手数料もバカにならないことから)もし40代の時点で頭金が準備できていない場合、住宅購入を50代へ少し遅らせることも重要な決断となります。

 

老後への準備をし始めた方へ

お子様をつくらないと決断された方は、40代ではまだ早いと感じられるかも知れませんが、老後の準備を始めることをおすすめします。老後の準備を早くすればするほど、お金を貯めるにしても長期間運用できることになる為、とても有利に準備することが可能となります。

また場合によっては、定年までお仕事を続けなくとも十分な資産形成を行うことが可能です。その為、今この瞬間を楽しむことも豊かな人生を送る上で、とても重要になってきますが、余裕がある方は老後の生活資金や趣味などを楽しむ為の資金、万が一の資金と、計画的に準備されることを強くおすすめします。資産形成と同時に万が一の保障が確保できる生命保険は、老後の準備においてとても有効な選択肢となってきます。

老後の準備のやり方など詳細は、【50代におすすめの生命保険の選び方】や【60代におすすめの生命保険の選び方】でまとめていきます。

 

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。今回の考え方が全てだとは思っていませんが、40代の方が生命保険を選びを検討をするお役に立てたらとても嬉しいです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!
 

☆『年代別おすすめの生命保険の選び方』はこちらをご参照ください☆