30代におすすめの生命保険の選び方

Pocket

前回から『年代別でおすすめの生命保険の選び方』をまとめています。今回は『30代におすすめの生命保険の選び方』についてです。ここでは小さなお子様がいる(子持ち)30代またはお子様のいないご夫婦30代を前提として、『30代におすすめの生命保険の選び方』をまとめていきます。

30代で独身の方は、基本的な考え方として『20代におすすめの生命保険の選び方』が参考になります。

お子様の為の生命保険

前回の20代と30代の一番大きな違いは、『お子様がいるのかいないのか』ではないでしょうか。単純に、親としての責任が増えている為、そこの経済的責任をきちんと準備しておくことが重要です。いわゆる『養育資金や教育資金をいかに準備するのか』という部分です。この観点が加わることで、20代と30代では生命保険の選び方が大きく異なってきます。

(お子様の人数にもよりますが)多くの親御様の場合、きちんとお仕事を継続して計画的に貯蓄いただければ十分責任を全うすることができるかと思います。問題として検討すべき点は、『親に万が一が起きてしまった(働けない≒無収入)場合どうするのか』、『いかに計画的に貯蓄していくか』の2点です。

実はこの2点、生命保険の得意分野なのです。生命保険でできることは大きく分類すると2つしかありません。『万が一が起きてしまった場合の経済的損失の穴埋め(保障)』と『中長期的未来(10年以上先)へ向けた資産形成(貯蓄 )』です。つまり、この唯一無二の生命保険の特徴を最大限活用することで、検討すべき問題点である『親に万が一が起きてしまった(働けない≒無収入)場合どうするのか』、『いかに計画的に貯蓄していくか』の2点を解決することができます。

30代オススメ生命保険

 

ご夫婦の為の生命保険

お子様がいないご夫婦の場合、大きく2つの考え方に分かれます。一つ目は将来的に子供を欲しいというご夫婦の場合です。上述の【お子様の為の生命保険】と基本的に同じ考え方で、まだ見ぬお子様の為に生命保険を活用いただければと思います。

2つ目の考え方は・・・将来的にもお子様がいらないなど、ご夫婦お二人で生きていく前提の方の場合です。共働きなのか、片方が頑張って働いているのかでも若干考え方は変わってきます。しかし大枠で申し上げれば、お互いに少なくとも経済的に迷惑をかけないよう、お二人ともきちんと必要と思われる保障内容の生命保険に加入されることをおすすめ致します。具体的には、高度障害(重度障害)や大病を患ってしまった場合の保障と貯蓄です。ご夫婦の年齢や生活水準や、将来的に親等から引き継ぐ予定の財産も含めて、きちんとライフプランニングファイナンシャルプランニングを考えることが重要となってきます。

30代ではどちらの人生を選択するのか明確に決まっていないことも多いかも知れませんが、きちんと人生に必要な金額の貯蓄(資産形成)は、最低限行っておくべきです。

 

お一人で子育てされている方の為の生命保険

上述の【お子様の為の生命保険】の考え方と基本的に同じです。ただ、お子様から見たときに頼れる大人が他にいない状況の為、お一人で子育てされている方の責任はとても重要です。生命保険では経済的な部分しか備えておくことができない為、(生命保険など経済的な準備をきちんとした前提で)経済的でない部分の準備をきちんとしておいていただくことをおすすめ致します。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。こ今回の考え方が全てだとは思っていませんが、30代の方におすすめの考え方をまとめさせていただきました。30代の方が生命保険を検討するお役に立てたらとても嬉しいです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


☆『年代別おすすめの生命保険の選び方』はこちらをご参照ください☆