20代におすすめの生命保険の選び方

Pocket

今回は『20代におすすめの生命保険の選び方』についてです。おそらく、社会で頑張ってお仕事されている方の半数以上が20代から働き始めているのではないでしょうか。これまでの記事でも書かせていただいた通り、生命保険は1歳でも若いうちから加入しておくに越したことはありません。毎月々の掛け金(保険料)も若い頃に加入された方が安いですし、合計で保険会社にお支払いただく掛け金(保険料)も、若い頃から継続してお支払いただいた方が格段に安くなります。

とはいえ、どのような生命保険が自分に合っているのかわからない方がほとんどではないででしょうか。社会に出られてきちんとした収入がある20代独身の方を前提として、『20代におすすめの生命保険の選び方』をまとめていきます。

20代から生命保険は不要か?

私が生命保険のお仕事をさせていただいていた頃、24歳から外資系の生命保険会社に転職して仕事していたこともあり、転職して間もない頃は比較的お若い方との商談が中心でした。20代の商談相手からのお断りの理由として、よく聞いていたのが『今の自分には必要性を感じない』とか『まだ生命保険は必要ないと思う』などです。

このような20代の方の感覚は、間違っていません。これまでの20数年の人生で、おそらく生命保険のお世話になられたことも皆無でしょうし、そのような感覚になってしまうのは至って自然なことです。

しかし、生命保険は健康を害してしまってからでは加入することができません。そして未来に起こることを知ることもできません。つまり、いつ不健康になってしまうのか、本人も保険屋さんもわかりません。『一生涯生命保険に加入しない』という選択をしないのであれば、1歳でも若い頃から生命保険に加入しておき、掛け金(保険料)の合計額を少しでも抑えることが賢い選択ではないでしょうか。

 

20代の生命保険の相場

20代など特にお若い方と商談をしていると『私くらいの年齢の方は、どのくらいの生命保険に加入していますか?』といった質問をよく受けていました。これまでの記事でも何回か書かせていただいた通り、生命保険として必要な保障額は各々の収入・支出・貯蓄や家族構成・家庭環境などによって変化してくる部分なので、相場というものはとても表現しにくい部分ではあります。

とてもざっくりとした表現をさせていただくと・・・『万が一、寝たきりになっても自分で全てまかなう』という方であれば、20代だと平均余命までの残りの人生が60年前後あるでしょうから、最低限6000万円の保障は必要でしょう。

不幸にも寝たきりのような状況になってしまったら、家族・親戚を頼れるので必要ないという方であれば、医療の保障を中心に組まれたり、貯蓄として貯蓄機能に特化した生命保険だけ加入されるということも立派な選び方となってくるでしょう。

20代オススメ生命保険

掛け金(保険料)の部分だけで申し上げれば、月収の1割程度に抑えておくことをおすすめ致します。よく家賃の相場は、毎月の手取り給与の3分の1と言われていますが、生命保険の場合も同じように考えることが重要です。服や食材などの買い物と異なり、生命保険の掛け金(保険料)は一度お支払いすれば終わるというわけではありません。ある程度の年数は継続的にお支払いただけなければいけませんので、その程度の掛け金(保険料)で加入することも重要な選び方となってきます。

 

20代におすすめの生命保険の選び方

実は、ここの考え方が保険屋さんでもかなりわかれる部分となります。大きく二つにわかれます。どちらの考え方が良い悪いというものではなく、何を重要に考えるかという違いなので、各々の考え方や状況に合わせて判断いただければと思います。

一つ目の考え方です。今回の記事でも少し触れましたが、人生における経済的な最大のリスクを生命保険でカバーしておくという考え方です。生命保険でカバーできる人生の経済的な最大のリスクは、『生きているのだけれども寝たきり』という高度障害(重度障害)になってしまうことです。万が一そのような状況になってしまうと、国からも障害年金など一部経済的な援助もありますが、それだけで人間的な生活を送ることは不可能なので、その差額を生命保険でカバーするという考え方です。掛け金(保険料)は、いわゆる掛け捨ての生命保険で準備すればそこまで高額にはなりませんが、5000万円~1億円近い保障が必要となります。

二つ目の考え方です。高度障害(重度障害)になる確率は高くはない為、もっと現実的に自分の人生で役に立ちそうな『医療保険』や『貯蓄できる生命保険』のみ、20代という若い頃から加入しておくという考え方です。ただこちらの選択をされた場合、ご結婚後に万が一が起きてしまった場合、間違いなくご家族に迷惑をかけることになる為、ご結婚前後で『生命保険をどうするか』きちんと見直しや相談されることを強くおすすめ致します。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。今回の考え方が全てとは思っていませんが、20代の方が生命保険を検討するお役に立てたら、とても嬉しいです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!
 

☆年代別おすすめの生命保険の選び方の記事はこちらです☆