更新型の生命保険は大損します!

Pocket

さて今回の内容はとっても重要です。場合によってはベンツやBMWの新車くらい余裕で購入できる500~800万円前後、損をするかしないか、影響があるお話です。

「そんなに損をする可能性があるなら、そもそも『生命保険』に加入しなければいいじゃないか」と考えた方、このブログを最初から読み直してください。もしかしたら、本当に生命保険に加入する必要がない方かも知れませんが・・・私の学んできた考え方からすると、生命保険に加入する必要のない方は、極々少数ですが存在します。

掛け捨てと更新型の生命保険

今回のキーワードを挙げておきます。『生命保険』の中でも、『掛け捨て』『更新型』と俗に言われている種類の生命保険のお話です。もし今回のお話に該当するような契約をされている方は、早急に見直しを強く強くオススメ致します。また独身からご契約を継続されている方や、学生の頃に親が契約してくれていた生命保険をそのまま継続されている方も、要注意です。是非とも生命保険の契約内容を一度ご確認ください。そして必要に応じて見直しください。

 

損をする生命保険の内容

では具体的に『掛け捨ての生命保険』がどのようなものなのか、『更新型の生命保険』がどのようなものなのかご説明します。

 

掛け捨ての生命保険

まず『掛け捨ての生命保険』ですが、いわゆる貯蓄されないタイプの生命保険のことです。契約から10年後に、生命保険会社にお支払した掛け金の30%も貯蓄されていない生命保険は、『掛け捨ての生命保険』だと認識いただいて結構です。

『掛け捨ての生命保険』の良い点は、安い掛け金で大きな保障が手に入る点です。その為、守るべき家族が多い方や独身でも何かしらの理由で、少ない掛け金で大きな保障を必要とされる方には、とても有効な選択肢となります。

ただ損得だけでお話をさせていただくと、万が一がない限り、生命保険会社にお支払された掛け金は、ほぼ全額戻ってくることがない為、損をされる可能性があります。『保障は欲しいけれども、損をしたくない』という方は貯蓄性がある『終身保険』や『養老保険』のタイプでのご契約をオススメします。

更新型の生命保険

 

更新型の生命保険

実はこちらの『更新型の生命保険』は気をつけなければいけません。うまくお付き合いできないと、500万円から800万円くらい損をすることになります。冒頭でお伝えしたお話です。

『更新型の生命保険』というのは、契約から10年後15年後に保障の内容を追加しなくても、掛け金が高くなっていくタイプの生命保険のことです。もし心当たりがある方は、至急生命保険の担当者に電話いただいたり、信頼できる生命保険のお仕事をされている方にご相談されることを、とても強く強くオススメします。そして必要に応じて見直しください。

とある会社の10年更新型の例ですが・・・30歳男性が5000万円の入院保障もついた生命保険の場合、

30歳加入時点 ⇒ 掛け金 13,070円/月

40歳更新時点 ⇒ 掛け金 19,060円/月

50歳更新時点 ⇒ 掛け金 34,204円/月

60歳更新時点 ⇒ 掛け金 54,916円/月

イメージだけでも伝わってますでしょうか。30歳時の当初の掛け金と比較すると、最終的には約4.2倍まで掛け金が高くなります。地方都市であれば十分生活できる部屋の家賃と同程度の金額になるのです。そして65歳まで掛け金を生命保険会社に支払い続けるとすると・・・合計で約1,130万円もの金額を保障の為だけに使っていることになります。けして安い金額ではないと思います。

実は同じ『掛け捨ての生命保険』でも『更新型でない生命保険』にすることによって、約500万円から800万円という金額を節約することができます。もちろん少しでも若い頃から『更新型でない生命保険』に切り替えてきただいた方が、節約できる金額は大きくなる為、早急の契約内容の見直しを強くオススメします。

 

まとめ

今回のお話は完全に『知っているか・知らないか』だけです。私のブログを読んでいただいている方は、生命保険のことを少なくとも『ご自身で調べてみよう・勉強してみよう』と行動されている方々だと思います。今後、どんどん我々市民の生活は苦しいものとなっていくことが容易に予想できます。ちょっと勉強すれば、ちょっと知っていれば、節約できることは生命保険以外にも色々あると思いますので、自己努力・自己防衛していくことの重要性を少しでもお伝えできていたら幸いです。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが、誰かの勉強のお役に立てたら幸いです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】経験豊富なフィナンシャルプランナーがサポート!