教育ローンのブログ

Pocket

今回は『教育ローン』についてです。これまでのブログで『教育資金』に触れてきました。大学の学費だけでも4年間で220万円~520万円程度はかかってきます(私立だと高いです)。かなり例外のお話にはなりますが・・・もし私立の医療系の大学へ進学するとなると年間1000万円なども存在します。

子供が大学生になるまでに、きちんと計画的に貯蓄できることがおすすめですが、なかなか『ファイナンシャルプラン』の計画通りに貯蓄できないことも少なくないと思います。今回は、十分に貯蓄ができなかった場合、どのような選択肢があるのかというお話です。

教育ローンとは?

『子供の教育資金が足りない!!』となった際、まず最初に思い浮かぶのは『奨学金』ではないでしょうか?

実際、私は国公立の高校・大学と進学させていただきましたが、何人かの友人は『奨学金』を活用していました。『奨学金』の中には学業が優秀であれば無利子で貸していただけるものや、給付でいただけるものもあります。有利子の奨学金でさえ、教育ローンよりは低金利で有利です。ですので『教育ローン』の前に、まずは『奨学金』からご検討ください。とても有利なものがあります。

ただ『奨学金』の場合、両親の年収など借りる為の制限があります。また月額3万円12万円(つまり大学4年間で576万円まで)と金額の上限が高くはありません。この金額以上に不足金がある方は、『奨学金』だけでは教育資金が準備できないので、(『相続税対策として』祖父母に出していただくことも選択肢の一つかも知れませんが)『教育ローン』をご検討ください。

順番としては・・・『①奨学金の検討』『②教育ローンの検討』ということになります。

 

教育ローンの特徴

最大の特徴は『奨学金』と比較して、様々な金融機関で取り扱いがある為、門戸が広いことです。『奨学金』は貸出せる枠が決まっている為、それ以上の応募があった場合、全員が『奨学金』を受け取れるわけでありません。それに対し『教育ローン』は、金融機関が収益事業の一つとして行っているので、(もちろん審査があり通過しなければ受け取れませんが)『奨学金』より門戸は広いでしょう。

教育ローンについて

メリットとしては、借りられる限度額が最大1000万円3000万円まであることです。医療系の私立の大学へ進学されたとしても、ある程度は対応できるくらい貸していただけます。また『奨学金』が社会人になってから返済が始まるのと同じように、『教育ローン』も5年目から返済がスタートさせることもできるものがあります(4年目までは利息分のみお支払があります)。
また各金融機関で所定の条件を満たすと、金利が優遇されることがあるようです。

デメリットとしては『奨学金』と比較して、若干ですが金利が高いです。また返済期間が10年16年と、こちらも『奨学金』と比較すると短めです。

 

まとめ

奨学金』にしろ『教育ローン』にしろ、お金を借りている以上、利息が発生します。低金利であるとはいえ、借りた金額以上を金融機関に返済することとなります。私は貧乏性なので・・・まだお子様が小さい頃からきちんと『ファイナンシャルプラン』を考えていただき、可能であれば『奨学金』や『教育ローン』でお金を借りなくとも、教育資金が準備できるようにしていただくことを強くおすすめします。

『奨学金』などは特に子供が社会人になってから返済していることがほどんとですし、今後は『教育ローン』も子供が社会人になってからは自分で返済していく方が増えていくのではないでしょうか?
そうすると親が必要な教育資金を準備できなかったことが原因で、子供の『ファイナンシャルプラン』にまで影響を与えてきます。

我が子が希望する教育をきちんと受けられる環境を準備することが『親の責任』だと思います。是非とも我が子の幸せのためにも、プロにきちんとご相談ください。 このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが、誰かの勉強のお役に立てたら幸いです。

※私が教育資金についてまとめたブログ記事です
⇒ 【教育資金の準備はこうすべき!】