個人賠償責任保険は迷わず加入!

Pocket

さて今回も『生命保険』ではなく『損害保険』のお話です。先日、『自転車保険がとても良い』と、おすすめさせていただきました。しかし、私は可愛い我が子がいるにも関わらず、『自転車保険』には加入しておりません。今日はそのあたりのお話を、皆様のお役に立てるようまとめていきます。

なぜ私は『自転車保険』に加入していないのか。家族が事故の加害者や被害者にならないと盲信しているのか。

そんなことではありません。きちんとリスクを理解した上で、適切な対策をすでにしている為、改めて『自転車保険』に加入するメリットがなかっただけなのです。ですので、当たり前のことですが、すでに十分リスク対策ができている方には、不要なのです。ではどのようにリスクへの対策をしているのか、簡単にまとめます。

個人賠償責任保険とは

自転車の事故を例に説明していきます。自転車の事故で怖いのは、こちらの2点ではないでしょうか。

  • 家族が大怪我をおってしまう
  • 事故の加害者となり、多額の賠償金を請求される

まず家族が大怪我をおってしまった場合ですが、加害者であっても、きちんと生命保険に加入していれば、困ることはありません。企業にお勤めであれば、そこの福利厚生と国の社会保険だけでも少なくとも経済的に困ることはないかも知れません。もし被害者であれば、加害者に損害賠償を請求すれば良いので、やはり経済的には困ることは少ないでしょう。

個人賠償損保

結論を申し上げると、自転車などの事故の場合、加害者になってしまうことが、とても怖いことなのです。私の知り合いでも、自転車事故の加害者になってしまい、1億円以上の金額を請求された方がいました。では自転車保険に入っておくべきなのか。

実は、このような賠償請求の補償に特化した保険が存在します。それが『個人賠償責任保険』です。こちらは自転車保険や火災保険、自動車保険にセットで加入することもできますし、『個人賠償責任保険』のみ単独で契約することも可能です。会費を支払っているような、クレジットカードに保障が付加されていることもあります。

私の場合、クレジットカードに最低限の『個人賠償責任保険』が付加されていますし、火災保険に追加で加入もしています。もちろん生命保険も家族全員きちんと加入しております。その為、自転車事故の被害者・加害者どちらになってしまったとしても、お金には困らないようきちんと保険に入っています。

 

まとめ

自転車事故に関わらず、賠償請求されてしまった場合は、請求額が高額になってしまうこともあります。そのような際に、自己破産しなくとも良いように(ご家族がいての自己破産は・・・とても悲惨です・・・)、きちんと考えた個人賠償請求保険は入るべきです。ただし、『自転車保険』だけでなく、ご家族構成や、生活スタイルに最適な形で、保険を組み合わせて準備いただければと思います。

まずはご加入されている自動車保険火災保険、そしてお持ちのクレジットカードに付加された保険の内容を調べるところから、スタートしてください。その上で、掛け金や内容のバランスが、ご家族にとって最適な保険を組み合わせてください。最適なものと出会えることをお祈りしております。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険研究ラボが、少しでも勉強のお役に立てたら幸いです。