共働き・子供ありで入るべき生命保険

Pocket

前回の『共働き既婚者(子供なし)』の場合に続き、今回は『共働き既婚者(子供あり)』の方のおすすめ生命保険です。『共働き既婚者(子供あり)』の特徴は・・・『共働き既婚者(子供なし)』ととても似ています。

  • 自由に使えるお金は多い
    ⇒保育園などそこまで高額なところを活用されなければ、共働きなので専業主婦(夫)のご家庭より、自由に使えるお金が多くなります。ただし、保育料など親の年収に応じて金額が変わってくる為、せっかく頑張って働いても保育料が高額になってしまい、自由に使えるお金が増えないということにならないよう気をつけてください。
  • 子供の教育資金の準備が必要
    ⇒共働きで十分な稼ぎがあれば、必要ないかも知れませんが、例えば私立の医療系の大学へ行くことになると、学費だけで年間1000万円かかる非常に高額な場合もあります。国公立であれば学費は年間50万円前後でしょうが、一人暮らしをさせるのであれば、仕送りが必要となります。また塾や家庭教師も必要であれば、それらの費用も小額ではありません。

 

以上の特徴を踏まえた上で、『共働き既婚者(子供あり)』の方へおすすめの生命保険です。

共働き既婚者(子供あり)の考え方のポイント

基本的には『共働き既婚者(子供なし)』と考え方が近い為、そちらの記事と重複する部分も多いのですが・・・一番大きな違いは、子供の教育資金の点です。考えるべき我が子が目の前にいるので、より具体的に将来のことを考えられるはずです。

  • 子供教育資金はどこまでの金額を準備するのか
  • 住まいは購入するのか、購入するならいつ頃にするか
  • 双方の両親の面倒をどこまで見るのか

以上のことをご夫婦で話し合うことで、いつどのくらいのお金が必要となりそうか理解できるでしょう。家族構成もある程度見えてきているでしょうから、気になる学校や塾の学費などインターネットで調べたらイメージしやすいですし、住居も購入を予定されているのであれば、具体的にハウスメーカーさんの展示会や販売されているマンションの資料など取り寄せてみることをおすすめします。

そうすることで、自分たちの理想の生活にどのくらいの金額が必要なのか、よりリアルに想像できることでしょう。

 

共働き既婚者(子供あり)のおすすめ生命保険

守るべき子供がいる為、すでに資産家であったり、相続で資産を受け継ぐ予定などがない場合は、生命保険に加入することは必須だと思ってください。特に子供が小さい頃は、子供が体調不良などあると、どちらかが仕事を休まざるをえないこともあるでしょう。つまり子供がいることで、ベビーシッターや祖父母などご家族の協力がない限り、夫婦ともが仕事に集中しきれる環境ではなくなります。

その為、夫婦どちらかに万が一が起きてしまうと、とても大変なことになります。残された元気な方が、子育てしながら必要なお金を稼がなければいけません。そのような状況になってしまった場合を想定し、少なくとも経済的には問題がないような生命保険に加入すべきだと私は考えています。

大切な我が子の為にもです。

共働既婚子あり

その為、優先度順にポイントをまとめると以下の通りです。

  1. 掛け捨ての生命保険で構わないので、十分な保障に加入しましょう
  2. お金に余裕があり、掛け捨ての生命保険保険をもったいないと感じる方は、貯蓄もできる生命保険で十分な保障を確保しましょう
  3. 我が子の教育資金の準備として、学資保険を検討しましょう

 

まとめ

すでに子供がいる方には、とても共感いただけると思いますが、子供ができることで、生活スタイルやお金の使い方がかなり変わります。それらの変化に合わせ、生命保険も考えるべきだと私は考えます。大切な我が子が、幸せな人生を送れるような準備は、親の義務として最低限でも構わないので考えていただけますと幸いです。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが、誰かの勉強のお役に立てたら幸いです。


☆元保険屋がレベルの高さに驚愕した無料相談はこちら☆
【保険のビュッフェ】信頼できるプロに無料相談できる!!


☆ご参考までに、『生命保険の選び方』をまとめた各記事の一覧です☆