保険を安さで選ぶ!?

Pocket

今回は番外編です。生命保険業界で働いていたことがある方なら、『安い保険はどれなのか?』とご友人などから一度は質問されたことがあると思います。

今回は『生命保険・医療保険は安ければ安い方が良いのか?』、私なりの視点でまとめていきます。

 

『安さで選ぶ生命保険はオススメか?』

数年前から、CM等で宣伝し自社のホームページへ誘導してホームページ上でお申込み手続きまで完了できる、いわゆるインターネット生保が増えてきたと思います。

また生命保険の販売という切り口で言えば、銀行の窓口や街中やショッピングモール内にある複数社の商品比較ができるというウリの保険の代理店など、生命保険会社の社員だけが販売していた頃と比較すると、生命保険の相談をできる場所や相手がとても増えてきました。

今回は、安さをアピールして顧客獲得を狙っているインターネット生保についての意見を主にまとめます。銀行の窓口や保険の代理店についても、別の記事にまとめたいと思っています。

ワンポイント

『安さで選ぶ生命保険はオススメか?』

まずそもそも本当に安いのかという部分ですが、私が以前調べた範囲では安い保険もある・・・という程度の印象です。というのも、どこの企業も経費を抑えたり、運用を頑張ったり、お客様の保険料を安くする為に、それなりに努力されています。

そしてインターネット生保が、『営業マンの人件費がかからない分、保険料が安くできる』という宣伝文句、みなさんは不思議に感じませんか?

多くの生命保険会社の場合、営業マンがお客様のところへ出向き、対面で資料を活用して保険の内容を説明します。インターネット生保の場合、ホームページ上でまずは文字や図で説明します。それでも不十分な場合、メールやコールセンターとやりとりすることで説明を受けられると思います。対面での説明よりも、文字や電話での説明の方がとてもわかりにくくないでしょうか。ということはコミュニケーションコストが増加します。つまりメールで返信する人間や、コールセンターで電話対応する人間が通常以上に必要になるはずです。

ほら、別の職種ですが人件費はかかっています。それにホームページ上できちんと説明できるよう、ホームページにもお金はそれなりに使っているはずです。されに、まずはホームページに誘導しなければ契約確保ができない為、宣伝広告費には莫大の費用を使っているでしょう。

ほら、通常の営業マンを雇用する為にかかる費用と、インターネット生保のそれ以外の費用と、大差あると思えますか?

少なくとも私は思えません。特に昨今はインターネット生保にも同業他社のライバルはいます。そうするとライバルと差別化する為に、これまで以上の費用が必要になってきているのではないでしょうか。

ネット生保コールセンター

 

以上のことより、保険料にそこまで差はつけられないと思います。ただ、どのような事業や会社にも『集客商品』『収益商品』があります(経営者が優秀であればあるほど、わかりやすい思います)。

収益商品』は会社に利益をもたらす商品なので、こちらの保険を契約してしまうと、お客様はそこまで得をしません。ですが『集客商品』の保険は、こちらはお客様を集める為に、会社が利益を抑えて頑張っている保険なので、お客様にとってとても有利な条件になります。

その為、それなり以上の会社であれば、『有利な条件の生命保険』は存在すると思います。これを見分けられると、良い選択ができます。ただ業界で働いていない方からすると、見分けることはとても難しいと思います。そんなときにお役に立つのが・・・実は仲良くなった保険の営業マンです。営業マンにより個人差はありますが、彼らは、自社以外の商品の情報も持っています。可能であれば2-3名程度の異なる会社の保険の営業マンとまずは仲良くなり、色々相談することをオススメします。

私が思うに、保険の営業マンはとても重要です。お客様自身が損をされない為にも重要です。ですので、私は保険の営業マンが存在する保険会社をオススメします。また私の子供たちが大人になったときには、保険を検討するでしょう。そのときに保険で損しないよう、営業マンには存在していただきたいのです。だから私は応援しています。

このブログは、私がこれまでに学んできたことを中心にまとめております。この生命保険についてのブログが、誰かのお役に立てたら幸いです。