生命保険を勉強したい方へ

Pocket

生命保険が説明されているサイトは、とてもたくさんあります。ただ、どこも最終的には保険の勧誘があるでしょう。なぜなら、保険会社や代理店さん、ファイナンシャルプランナーの方が運営しているものだからです。

ここは【元】外資系金融機関で勤めていた人間が、まとめているサイトです。安心して勉強していってください。

現役の保険屋さんはこちらへ

 

生命保険についてのブログ』や、『生命保険を勉強する上で役に立ちますよ』的なブログやサイトはいくつも存在します。『自分のことは自分で守る』という自己防衛・自己責任の意識が高まっているということでしょうか。ある意味喜ばしいことですし、ある意味嘆かわしいことです。

これまでの歴史の中で、保険会社の利益の為、営業社員の給料の為に、お客様の大切な資産が搾取されてきた反動かも知れません。業界の健全化に少しでも貢献しようとこれまで約10年現場で頑張ってきました。

 

より多くの方が損しなくなることを願い、現場で勉強してきたことをまとめたブログを運営することにしました。

生命保険・勉強

 

 

 

 

 

 

 

自己紹介させてください

私は昨年まで外資系保険会社で10年ほど営業をしていました。ファイナンシャルプランナーの資格も保有しております。今は主に企業向けに生命保険だけに限らず幅広いコンサルティングのお仕事をしています。

 

ただ生命保険業界を離れた今でも、大切な友人には相談される度に『生命保険の見直し』などの相談にのってきました。とても喜んでいただけており、私もほっこりさせていただいています(おそらく自分の成績や報酬と全く関係しないところからのアドバイスをしているので、それが喜んでもらえている気がしています)。色々な方々の相談にのることで見えてきた、『生命保険の加入のポイント』『生命保険の見直しのポイント』など、私なりの視点でまとめていきます。

 

この【生命保険についてのブログ】が少しでも皆様のお役に立てると幸いです。よく聞かれることから順番にまとめていけたらと思います。

またこちらに私の生命保険業界に対する思いをまとめてあります。良かったら見てみてください(*^_^*)
⇒ 【秘話】私が保険屋さんになった理由

生命保険とはどういうものなのか

そもそもの生命保険の仕組みから勉強していきます。生命保険というのは相互扶助の考えに基づいた助け合いの輪です。簡単にお伝えすると…例えば、会社の同期みんなで各自毎月1000円ずつ貯金していきます。その中で誰かに不幸なことが起きてしまった場合、これまで貯金してきたお金から不幸が起きてしまった方へプレゼントする。

という仕組みです。生命保険の契約者から毎月お金を集めさせていただき、契約者の中で不幸な状況になってしまった方に、集めていたお金の一部をプレゼントするというのが、生命保険会社の役割です。

 

実はこれと同じ仕組みを活用して、もっと大きな規模で行っているのが政府です。税金社会保険料という形で国民からお金を集め、医療費や介護費年金生活保護費などとして必要な方へプレゼントしています。

過去の経験から『生命保険』に対して嫌悪感を示される方が、たまにいますが、考え方や仕組み自体は政府でさえ活用しているくらい素晴らしいものなのです。過去の日本に存在したご近所との助け合いなど、日本人の価値観にとても合っている仕組みだと思います。

それほど素晴らしい仕組みであるにも関わらず、これまでの業界のしてきたこと (保険金の不払いなど)から、生命保険という素晴らしい仕組みを活用すべきなのに、活用できていない方がいるのはとても残念でなりません。

 

まとめ

このブログがきっかけで、そのような損してしまったいる方々が、一人でも減らすことができたら、これ以上に嬉しいことはありません。次回は、『社会人になったので生命保険に入るべきか』ということについて、まとめていけたらと思います。

以下の記事にそれぞれまとめてあるので該当箇所をクリックいただけますと、目的の情報にすぐにたどり着けるかと思います。